2018年01月13日

消防出初式がありました

DSC_1685.JPG
(小牧市の消防車両が集まりました)

本日、小牧市の消防出初式がありました。昨日の夜に降り積もった雪が残る寒い日となりましたが、小牧市民会館の駐車場に消防関係者が集結して式典を営みました。

篠岡地区を管轄する第4分団では、昨年中には何件か火災は発生しているようですが、消防団員が出動するような大災害はありませんでした。今年一年間も大事がなく過ごせるように願うことも出初式の意味のひとつであるそうです。

dezomesiki.JPG
(消防団員による「はしご乗り」の様子)

消防団の一番の見せ場は「はしご乗り」の披露です。はしご乗りの起源は江戸時代にあり、消防団の前身である火消し組が、はしごに登って火事場を確認していたそうです。

木造の家が多く火事が起こりやすい日本において、消防の歴史というものも長いことに改めて気付いた一日になりました。

まだまだ空気が乾燥する季節が続きますので、どうぞ「火の用心」の気持ちを再確認してもらえればと思います。 合掌
posted by 住職 at 21:58| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

【真福寺便り】No.5(2018冬)

真福寺便りNo.5(2018冬)を発行しました。

下記リンクからPDF版をダウンロードすることができます。

にがおえnew.png
眞福寺便り5_2018冬.pdf

ご希望の方には無料で郵送できますので、お気軽にお問い合わせ下さい。檀家さんでなくても、より多くの方に真福寺のことを知って頂けたら幸いです。 合掌
posted by 住職 at 18:32| 愛知 ☀| Comment(0) | 真福寺便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

【お正月】大般若祈祷会を厳修しました

P1030857.JPG
(大般若経<だいはんにゃきょう>を転読<てんどく>します)

本日、お正月の大行事として「大般若祈祷会」<だいはんにゃきとうえ>を厳修いたしました。

「大般若経」<だいはんにゃきょう>というお経は、般若(仏教の智恵)について書かれた経典ですので大いなる功徳があります。このお経を用いて仏さまにご祈祷を申し上げるため、大般若祈祷会と言います。

本来ならば600巻もある大般若経を全てお唱えするべきなのですが、時間の都合もありますので「転読」<てんどく>という形をとります。「転読」はお経を読み上げる代わりに、経本を高速でパラパラとめくり目を通すことによって、唱えることと同じ功徳を得る方法です。

また、大般若経を1巻転読し終える毎に
「降伏一切大魔最勝成就」
<ごうぶくいっさいだいまさいしょうじょうじゅ>
と大声でお唱えします。これは一切の魔(邪気)を払うと共に、心願が成就しますようにという意味のある言葉です。和尚さん方が次々と声を上げる様子には圧倒されます。このようにご祈祷されたお札を檀家さんには配布しています。


厄年の方のお祓いも兼ねた行事ですので、来年の厄災に当たる方はぜひご参加をお待ちしています。 合掌
posted by 住職 at 17:16| 愛知 ☀| Comment(0) | お正月、大般若祈祷会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

【お正月】初参りを厳修しました

新年で最初となる朝のお勤め「初参り」を厳修しました。

_20180101_115025.JPG
(鏡餅をお供えして初参りを厳修しました)

先日も紹介しましたが「祝聖」<しゅくしん>と言って、毎月1日・15日は今上天皇陛下の安泰と国家繁栄を願うという神道のような儀式を厳修します。

特に元旦のお参りですので、今年1年間の日本全国の安泰と、退位を迎えるまで今上天皇陛下のご健康を念入りにご祈願申し上げました。

2018年の1年間も、まず今日の一日から始まり、今日を無事に過ごすことができて初めて明日を迎えることができます。そしてどんな日も決して無駄な一日はありませんし、無駄にしないよう命を生かすべきです。

「この一日を大切にする」ということは禅の大切な教えです。ぜひ心に留めて2018年を過ごしてみてはいかがでしょうか。 

初詣もお待ちしております。ぜひ真福寺へお越しください。 合掌
posted by 住職 at 13:08| 愛知 ☀| Comment(0) | お正月、大般若祈祷会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今月の一句】1月の一句①

改めまして、明けましておめでとうございます。皆さまにおかれましては輝かしい新年をお迎えのことと、法幸無量に存じます。

_20180101_114950.JPG

今月の一句は、新年のご挨拶とさせていただきました。

真福寺という名のもと「真実」の「福」を多くの方にもたらすことができるよう、精進を続けていきたい所存です。

お寺の南側にある掲示板を活用し、言葉を通じて「幸福」とは何かを気付いていただけるようになればと日々考えています。


1月は年始めの行事が中心ですが、いつでもお寺にお越しいただければと思います。

~1月の行事案内~
【初詣】
1月1~3日 本堂開放
ご自由に本堂に上がって参拝してください

【大般若祈祷会】
1月7日(日)午前11:30~12:00
参加費不要・申込不要
檀家さん以外でも参拝していただけます
初詣としても、ご祈祷にぜひどうぞ。


本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 合掌
posted by 住職 at 12:53| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【年末】除夜の鐘をつきました

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ真福寺をよろしくお願い申し上げます。

大晦日から元旦にかけて、日をまたぐようにして除夜の鐘つきを行いました。今回も多くの方に参拝していただき、去る2017年に思いを馳せながら除夜の鐘つきを楽しんでいただいたようでした。

1514776183618.jpg
(参拝者に鐘をついてもらいます)

DSC_1639.JPG
(地元の方が中心に集まってくださいました)

昨晩も冷え込みましたので皆さんに温まっていっていただきたく、今年は本堂で「おでん」を振る舞いました。自家製の粗末なおでんですが喜んでいただけたようで何よりです。

1514776597723.jpg
(おでんを振る舞いました)

もちろん除夜の鐘は来年もありますので、一年後にまたお待ちしております。24:30頃には終了しますので、24:00前には来ていただけると確実です。 合掌
posted by 住職 at 12:37| 愛知 ☀| Comment(0) | 年末、除夜の鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

【年末】お正月の飾り付けをしました

いよいよ2017年も残りわずかですが、いかがお過ごしでしょうか。

お正月を迎えるにあたり、檀家さん方もお供物を持ってきてくださいました。ご先祖さまをお祀りする位牌堂に並べさせていただきました。

DSC_1633.JPG
(位牌堂に檀家さんがお供えされた鏡餅が並びます)

そして今年最期のお勤めを行い、除夜の鐘つきを経て2018年を迎えます。

今晩の除夜の鐘つきは、どなたでも参拝していただけますし、参拝者の方に鐘をついていってもらいます。

23:30~開始して108回ついたら終了となりますので、お早めにお越し下さい。

それでは良いお年をお迎え下さい。 合掌
posted by 住職 at 19:12| 愛知 ☁| Comment(0) | 年末、除夜の鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

【年末】お供物受付

お寺の年末は、ゆっくりできず慌ただしい日々が続きます。

年末の行事の始まりとして、まず先代住職のご命日のお経を上げました。平成25年に遷化<せんげ>(和尚さんが亡くなること)しましたので、早いもので4年になります。

そして、今日から年末のお供物受け付けです。お正月に本堂のご先祖さまにお供えするお鏡餅や餅米、お菓子などお寺へお持ち下さい。

玄関の方へお持ちいただき、お声がけください。お寺の者がお預かりしまして、お供えさせていただきます。

本堂も開放していますので、お寺へ来た折には必ず本堂へ上がってお参りをお願いします。

DSC_1632.JPG
(本堂も開放していますので、お参りください。)

本堂開放は、お正月の三が日も行っていますので、初詣は真福寺へお越しください。

さらに夜は消防団の関係で、年末夜警のパトロールを行います。油断している時期に泥棒は近付いてきますし、火事にもお気を付けください。

今年は真福寺の近所でも空き巣被害がでたようですし、用心したいものです。

年末だからと言って食べ過ぎ・飲み過ぎなどしないよう、体調には気遣いながらお過ごしください。 合掌
posted by 住職 at 15:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 年末、除夜の鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

年賀状を書きました

年の瀬が近づくにつれて、どんどん気持ちがせわしなくなってきます。あせらない、あせらない。

12月25日といえば世間はクリスマスで賑わっておりますが、当然のことながらお寺は関係ありません。

むしろ年賀状の投函締め切り日ですので、この2~3日は年賀状作りに追われていました。

_20171225_093528.JPG
(年賀状の宛名書きが一番大変です)

お寺関係のお付き合いでは礼儀を重んじますので、年賀状を欠かすことはできません。今日の締め切りに間に合うように投函することができました。

しかしながら私の友人関係に関してはまだ完成していない方もいますので、明日中には投函いたします。郵便局の方にはご迷惑をおかけします。

また、檀家さんの皆さまにおかれましては、真福寺便りの新年号をもってご挨拶とさせて頂きますので何卒ご了承ください。 合掌
posted by 住職 at 21:19| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

天長節祝聖を行いました

毎日の朝のお勤めですが、日によってお唱えするお経・ご回向が変わります。

今朝のお勤めは「天長節祝聖」<てんちょうせつ・しゅくしん>と言い、「天長節」とは天皇誕生日のことを意味し、天皇陛下の誕生日をお祝いするお勤めなのです。

_20171223_181955.JPG
(「今上天皇聖壽萬歳」と書かれ、菊の御紋が入ったお位牌)

仏教はインド・中国から伝来した教えですが、日本人の文化に合わせるように独自の変化を経た宗教と言えます。

日本人はそもそも神道の信徒であり、日本人は天皇家(天照大御神)が祖先に当たると考えていましたから、仏教が伝わっても神道の影響は色濃く残っています。

仏教自体も他教徒には寛容ですので、日本の神々の力を仏教にもうまく取り入れながら拡大していきました。「神仏習合」という、仏も神も同等の存在とする教えも生まれたくらい、境界線はあいまいになっています。

「祝聖」<しゅくしん>とは、日本国内の安泰を願い今上天皇陛下を崇めるお勤めです。仏教のお経を唱えながら、神道のように天皇陛下を崇拝するという、日本独自の文化とも言えるでしょう。

平成も来年で終わってしまい、再来年から12月23日は平日になるそうですね。そして、天長節は2月23日になります。    合掌
posted by 住職 at 18:41| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

庭木を剪定してもらいました

年の瀬も押し詰まった時期となり、いよいよ気持ちもせわしなくなってきました。

お寺の年末は、法要をお休みして大掃除が中心です。普段は手を付けないような細かいところまで掃除し、一年間の汚れをきれいにします。

今日は植木屋さんに依頼をして、境内の木々を剪定してもらいました。前回の剪定が7月頃で、秋にはあまり伸びていないように感じていましたが、意外と伸びていたので終了時にはかなりスッキリしました。

DSC_1623.JPG
(住職の同級生で、腕の確かな職人さんです)

いつも頼んでいるのは「涼陽園」<りょうようえん>と言って、上末の植木屋さんです。職人さんは私の同級生であることもあって、造園のことを何でも依頼しています。真福寺以外にも何軒かのお寺に入っているようで、若いながらも技術のある方です。

来年度からまた真福寺の緑化工事も進めていく予定で、植木屋さんにはまたお世話になります。

木々に囲まれて落ち着く空間、というのも真福寺の魅力の一つになればと思います。 合掌
posted by 住職 at 21:22| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

12月の一句②

_20171214_201646.JPG

12月後半の一句は「この一日の身命<いのち>を尊ぶべし」です。

早いもので、あっという間に一年が過ぎてしまいました。私自身も年齢を重ねる毎に年々、時間の経過がどんどん早く感じます。

一年最初の元旦にこれからの365日の長さを考えると、非常に長く感じます。しかしながら、一日一日を過ごしていると、気付いたときには一年間が過ぎ去ってしまっているものです。

大切なことは「今、この瞬間」に集中するということです。過去の後悔や、未来の漠然とした不安に惑わされていると、現在の地に足がついていない状態になってしまいます。今、自分自身にできることを精一杯することこそ、その先に良い結果を導くことになるのです。

年末・年始に関わらず、どんな季節も、どの一日も尊い一日で、無駄な日など決してありません。

(「日々是好日」<ひびこれこうじつ>という言葉もありますね。)

さて年末のメインイベントは「除夜の鐘つき」です。参拝された方に鐘をついてもらっていますので、ぜひ皆さんお越し下さい。

【お供物受付】
12月29~31日 本堂開放
仏さまにお供えする鏡餅や、もち米などをお持ち下さい。

【除夜の鐘つき】
12月31日 23:30~24:30頃
108回ついたら終了ですので、お早目にお越しください。

寒い日が続きますので暖かくしてお過ごし下さい。除夜の鐘つきも厚手の服装で、寒くないようにお越し下さい。 合掌
posted by 住職 at 21:35| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

【坐禅会】坐禅会を行いました

本日、坐禅会を行いました。冬至も近づいて日の長さがとても短いため、終了の6時にはすっかり周りが暗くなっていました。

今日の話題として「臘八大摂心」(ろうはつ・おおぜっしん)を紹介しました。「大摂心」(おおぜっしん)とは坐禅修行期間の呼び名で、特に12月1~8日の8日間の修行を「臘八」(ろうはつ)と言います。

この修行は、お釈迦さまが1週間の坐禅を経て12月8日にお悟りを開いたこと(成道<じょうどう>と言います)にあやかり、禅宗のお坊さんになるには必ず経験しなければならないものです。食事や読経の時間も含めて一日中坐禅をし続け、消灯後も横になれずに足を組んだまま眠るため「命取り」とも呼ばれる厳しい修行です。

この臘八・成道会(お釈迦さまのお悟り)の時期が近いこともあって、12月に坐禅会を設定しました。

_20171210_200207.JPG
(「臘」とは「臘月」すなわち12月を意味します)

今日の坐禅会は参加者6名で、うち2人が初めて参加して頂きました。初参加の方は「前から興味があって、挑戦してみたかった」と話して下さり、とても喜んで頂けたようです。

今年から初めた坐禅会ですが、好評をいただいているので今後も定期的に開催する予定です。初参加でも大丈夫ですし、ぜひ小学生くらいのお子さんのご参加をお待ちしています。

次の坐禅会は来年3月11日(日)夕方4時~6時の開催です。よろしくお願いします。 合掌
posted by 住職 at 21:03| 愛知 ☁| Comment(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

テレビで「お寺で婚活」が紹介されました

_20171204_202414.JPG
(東海テレビで吉縁会が紹介されました)

今日の午後6:30ごろ、東海テレビニュース「One」の中で、お寺で婚活「吉縁会」について紹介されました。

テレビカメラがある男性の方に密着し、吉縁会の仕組みや、婚活当日の様子など、詳しく説明されていました。

お寺という厳粛な雰囲気を生む場所で、にぎやかなイベントが開かれるという新しい試みが、やはり世間の方々にとっては新鮮であるようでした。

同時にお寺やお坊さんという存在が注目を集めていて、私たちの活動が与える影響の大きさにも改めて気づきました。

テレビやインターネット上で紹介されていることもあって、吉縁会の規模は年々大きくなっていると同時に、婚活の参加をかけた抽選の倍率も高くなっている現状でもあり、心配な面もあります。

婚活への参加にはまず会員登録が必要ですので、詳細は吉縁会ホームページをご覧ください。真福寺へのお問い合わせでも結構です。 合掌
posted by 住職 at 21:35| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

【今月の予定】12月の一句①

先月からホームページを公開していますが、お寺でお葬式(真福寺葬)の項目だけが未完成です。葬儀社さんと打ち合わせ中ですので、本当の完成までもう少しお待ち下さい。

_20171130_193558.JPG

12月前半の一句は「急がば回れ」です。

つい忘れてしまいがちですが、人生にとって重要な意味を持つ言葉ですので、改めて思い出してもらいたい一句です。

12月は「師走」と言いますが、この「師」とはお坊さんのことであるという説もあります。お坊さんに限らず、お勤めの方は決算の時期でもありますし、誰もが忙しくて走り回る時期です。

忙しい時は視界が狭くなってしまい、周りの状況がよく見えなくなり易いです。そんな時に「まわり道」すなわり、気持ちに余裕をもって、落ち着いて取り組むことが大切なことです。

12月に限らず、常に忘れないようにしたい言葉ですね。

今月には坐禅会もあります。たまには静かに心を落ち着ける時間を設けてみてはいかがでしょうか。

~12月の行事案内~
【坐禅会】
12月10日(日)午後4:00~6:00
参加費不要・申込不要
檀家さん以外の参加、初めての参加でも大丈夫。

【お供物受付】
12月29~31日
鏡餅やもち米のお供物をお持ち下さい。
本堂は開放していますので、いつでもお参りして頂けます。

【除夜の鐘つき】
12月31日 23:30~24:30
檀家さんに限らずどなたでも参拝でき、参拝者が鐘をつきます。
108回ついたら終了ですので、お早目にお越しください。

12月もぜひ真福寺へお越し下さい。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

来年の「繰り出し」を貼りました

早いのもので、今年もあっという間に年の瀬が近づいてきました。

今日は、本堂の「繰り出し」を来年(平成30年)のものに更新しました。

「繰り出し」とは、年忌法要に当たる戒名を貼り出すことによって、施主さん・ご親戚の方にお知らせするものです。年末や初詣のお参りのためにお寺へ来たときには、その年の年忌法要の戒名がないかを必ず確認するようにお願いします。

時代の傾向として、個人情報保護の観点から「繰り出し」を貼らないお寺もあるようです。真福寺でも検討すべき時期なのかもしれません。

一方で、「繰り出し」を見ることで、親戚関係やご近所付き合いの関係の方でも、故人を偲ぶきっかけにもなるようです。供養というものは、亡くなった方の記憶をつないでいくものだと私は思います。繰り出し(戒名)は、そのための手段の一つだと考えています。

DSC_1591.JPG
(本堂の西側に貼り出していますので、ご確認ください)

来月はいよいよ忙しくなる師走ですね。体調を崩されないようご自愛ください。 合掌
posted by 住職 at 22:02| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

【おてらおやつクラブ】お供物を寄附しました

おてらおやつクラブ.png
~真福寺はおてらおやつクラブに協力しています~

本日、このお供物の一部を「おてらおやつクラブ」の活動として、母子家庭を支援する福祉団体へ寄附いたしました。こちらの団体さまから、子供たちへ配布してもらっています。

真福寺でこうした慈善活動をして広報活動をしているのも、できるだけ多くの方に問題を知ってもらうためです。

貧困状態にある子供というのは目に見えにくい問題で、日本の社会問題でありながらも関わりにくい案件でもあります。実際に行動にできることは限られてしまいますが、まずは認知度を高め、意識をもってもらうことがスタート地点であると思います。

DSC_1591.JPG
(お供物の一部を寄附いたしました)

お寺にお供物を持ってきてもらうことも活動になりますので、ぜひご協力の程をよろしくお願い申し上げます。 合掌
posted by 住職 at 20:52| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

ホームページを作成中です

日に日に寒さが増していますが、いかがお過ごしでしょうか。

現在、真福寺のホームページを作成中です。念を押しますが、まだ途中です。

まだ完成していませんが、早まってリリースしてしまいました。

でも8割程度はできていますので、ある程度楽しんでいただけると思います。

下末 真福寺 Official WebsiteHPロゴ.png

ぜひホームページを見て下さった方は、感想・要望を聞かせてもらえると幸いです。 合掌
posted by 住職 at 21:56| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

【観音さま】観音さま縁日でした

真福寺のご本尊さまは聖観世音菩薩(観音さま)で、縁日は11月18日となっています。境内にも観音さまの銅像がありますが、昭和54年(38年前)の縁日である11月18日に建立されたものです。

_20170926_194000.JPG
(境内の聖観世音菩薩像)

本日は、この境内の観音さまの前で読経をし、観音さまの縁日と銅像の建立をお祝いする予定でしたが、あいにくの雨になってしまいましたので本堂にてお参りをしました。

P1030704.JPG
(御開帳された観音さまにお参り)

18日の今日までが観音三尊の御開帳の期間でした。PRの効果が浸透してきたようで、昨年よりも多くの方に観音さまを拝んで頂けたと思います。観音さま自身も久しぶりに注目を集めて、嬉しそうな顔をしているようにも見えました。

脇仏の不動明王・毘沙門天も、今日までの公開でした。7月の開眼法要より特別に披露をしていましたが、今後は年一度の御開帳となります。

宝物展もまた今日までの公開でした。掛け軸についてはお問い合わせがあれば対応できます。書道や美術に詳しい方がおられましたら、ご連絡をお待ちしています。

DSC_1578.JPG
(また来年のご縁日をお楽しみに)

いよいよ冬が近づき、寒さが厳しくなってきましたので、風邪を召されませんように。 合掌
posted by 住職 at 21:48| 愛知 ☁| Comment(0) | 観音さま縁日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

11月の一句②

_20171115_210835.JPG

11月後半の一句は「鉄の錆<サビ>は、鉄から出て、鉄をむしばむ」です。

鉄もサビも比喩表現ですね。「鉄」は自分自身、「サビ」は悪行のことです。

悪行と言っても、凶悪犯罪のことばかりではありません。日常生活の中で言ってしまうような、ちょっとしたウソも含まれます。

小さなウソでも繰り返していると、いつか辻褄が合わなくなって、誤魔化しがきかなくなります。「むしばむ」とは「信用を失う」という例えのことです。

正直に生きることは大変なこともあります。ですが、愚直な言動・行動こそが一番信用されるもので、お互いに気持ちの良いものです。


今週1週間は「観音さま縁日」で、秘仏であるご本尊の聖観世音菩薩が御開帳されています。急ですが、明日(16日)の午前中は本堂を使用する予定が入りましたので、本堂に入ることができません。

ぜひ観音さまを拝みに来てください。 合掌
posted by 住職 at 21:35| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする