8月の一句②

8月後半の一句は「感謝の心で、恩返し」です。 今年はコロナの影響がありましたが、どのようなお盆を過ごされたでしょうか。 感染の心配から、行楽・観光を自粛される方も多いことでしょう。帰省さえも、遠くへの移動は自粛するような事態となってしまいました。 贅沢・楽しみが減ったからと言って、必ずしも不幸なことではありませ…

続きを読むread more

【お盆】お施餓鬼(せがき)を厳修しました

本日、お盆の一番大きな行事である「お施餓鬼(せがき)」を厳修いたしました。 <受付はビニールで仕切りをしています> 愛知県では独自の緊急事態宣言が発令されている中でしたが、コロナ対策を十分に行いながらの開催いたしました。 今年から行事の運営を大きく変えましたので、参列された檀家さんは、ほとんど待ち時間がなく、「密」…

続きを読むread more

【お盆】8月10日はお施餓鬼(せがき)

8月10日(月・祝)はお施餓鬼(せがき)を厳修いたします。 愛知県下には、独自の緊急事態宣言が発令されていますが、予定通りの開催といたします。 コロナ対策として、「マスク着用」「3密を避ける」「アルコール消毒」を徹底いたします 十分に対策していますが、参加の是非は各自での判断にお任せいたします。 もし当日欠席…

続きを読むread more

「月刊ぶるぅむ」で小牧市消防団が紹介されました

お寺では、お盆シーズンの真っ盛りです。 真福寺でも、8月10日のお施餓鬼(せがき)に向けて、慌ただしい日々を過ごしています。 <小牧・豊山のフリーペーパー「月刊ぶるぅむ」> さて、「月刊ぶるぅむ」という、小牧・豊山の情報が紹介されているフリーペーパーがあります。 現在配布されている8月号では、小牧市消防団につ…

続きを読むread more

【今月の予定】8月の一句①

8月前半の一句は「比べなければ、気が楽だ」です。 文字通り、他人と比べないことで、余計な気を使わず、気持ちが楽になります。 他人と自分は、同じ人間ではあっても、全く異なる「個性」を持っています。 その「個性」をどれだけ大切にし、人生を進むことができるか、ということは仏教は説いています。 自分に欠点があって…

続きを読むread more

子供用の本の寄贈

本日、ある檀家さんから、子供用の本を寄贈していただきました。 <子供用の本を26冊も寄贈していただきました> 下末にお住まいの檀家さんの、お孫さんに当たる方が愛読されていた本だそうです。 もう大きく成長されて、読まなくなったということです。ありがたいことに、26冊も寄贈していただきました。 誰でも自由に読んで…

続きを読むread more

【坐禅会】毎月の坐禅会を行いました

本日、毎月の坐禅会を行いました。 <間隔を十分に離し、窓を開けて換気をしながら開催> 新型コロナウイルス対策として、アルコール消毒を行い、3密対策をしながら実施しています。 暑い日でしたので、本堂ではクーラーを使用していますが、一部の窓を開けて換気もしながら対策をしています。 クーラーをかけていると、とて…

続きを読むread more

7月の一句②

7月後半の一句は「千里の道も一歩から」です。 何かを始める時、その最初の「一歩」、すなわち物事を進める「始まり」が一番肝心なことです。 良きにしろ、悪きにしろ、何でもまずは行動を「起こすこと」からスタートしていきます。 コロナをきっかけとして、新しいことを始めた方も多いでしょうが、その一歩はどこまで進んでいるで…

続きを読むread more

【お盆】お塔婆の申込みはお早目に

昨日は梅雨の中休みで、カラッと晴れて爽やかな一日でした。 しかしながら、今日からまた梅雨空に戻り、ジメジメとして日が続くそうです。 さて、真福寺ではお盆の準備もだいぶ進んできました。 <お施餓鬼(せがき)でご供養するお塔婆(とうば)> お施餓鬼は全ての檀家さんを対象に厳修しますが、一軒につき一本ずつ、お塔婆(…

続きを読むread more

もうすぐ旅立つツバメの子

地方によっては、大雨による特別警報も発令されているそうです。被害に遭われた皆様にはお見舞いを申し上げます。 さて、真福寺では毎年ツバメがやって来て、子育てをしています。 その雛もいよいよ大きくなって、旅立ちの時が近付いているようです。 <飛ぶ練習をする子ツバメ> 写真では見にくいですが、ツバメが下駄箱に止まっ…

続きを読むread more