8月の一句②

8月後半の一句は「苦しみは愚痴から生ずる」です。 仏教では必ず「因果関係」<いんがかんけい>を考えます。 「苦しみ」「嫌だ」と思う感情には、必ず原因がある、ということです。 例えば、「雨が降る」という誰にでも共通して起こる出来事があります。 Aさんは草野球を趣味でするので、雨が降ると「嫌」な気持ちになりま…

続きを読むread more

【お盆】精霊送り<しょうれいおくり>を厳修しました

本日、悪天候にも関わらず、無事に精霊送り<しょうれいおくり>を厳修することができました。 台風10号の影響で、強風は絶えず吹いていましたが、大雨に降られることはなく、降ったり止んだりの曇天でした。 ですので、大きなトラブルもなく、無事に終えることができました。 本日お越しになれなかった場合は、明日(16日)(金曜)…

続きを読むread more

精霊送り(送り火)を実施いたします

台風10号の影響で、風がとても強いです。 小牧市では、午前中の時点では雨は降っていません。 本日の精霊送り<送り火>の行事は、予定通り、午後5時~6時、下末霊苑にて厳修いたします。 大雨・暴風でも決行いたします。 ただし、各自の判断により、外出を控えるようにしてください。 臨時の措置として、 …

続きを読むread more

【台風接近】精霊送り(送り火)を実施いたします。

精霊送り<送り火>の行事は、 8月15日(木)午後5時~6時、下末霊苑にて厳修いたします。 <昨年の精霊送り<しょうれいおくり>のようす> 台風10号の接近により、大雨が予想されますが、荒天でも精霊送りは実施いたします。 ただし、各自の判断により、大雨暴風の際は外出を控えるようにしてください。 臨時…

続きを読むread more

【お盆】お施餓鬼を厳修しました

今日の名古屋市内では今年一番の最高気温となったようで、とてもとても暑い一日でした。 そんな日でしたが、今日は真福寺の「お施餓鬼」<せがき>を厳修いたしました。 「お施餓鬼」はお盆の先祖供養の行事で、全ての檀家さんがお寺に集まる、真福寺で一番大きな行事です。 そんな大勢の人が集まる行事でしたので、トラブルも起きてしまいま…

続きを読むread more

【お盆】お施餓鬼の準備をしています

九州地方は台風の影響がありますが、ここ小牧市の方では連日の猛暑が続きます。 さて、真福寺では8月10日に「お施餓鬼」<せがき>の行事がありますので、準備に終わります。 <お施餓鬼の準備中> お施餓鬼では、お盆の先祖供養として、全ての檀家さんが真福寺に集まります。 一年に一度の大切なご供養ですから、お塔婆<とう…

続きを読むread more

真福寺の絵を寄贈していただきました

連日の猛暑が続きますがいかがお過ごしでしょうか。 さて、この度、真福寺の絵を寄贈していただきました。 <真福寺の本堂を描いた絵> 寄贈していただいたのは、小牧市の中嶋桂子さんで、檀信徒の方ではなく真福寺の家族の知り合いです。 これは油絵なのですが、真福寺の本堂を中心に描かれていて、瓦屋根や梁など細部まで忠実に…

続きを読むread more

【今月の予定】8月の一句①

8月前半の一句は「送り火や母がこころに幾仏」です。 これは名俳人である高浜虚子先生の作品であります。 送り火、すなわちお盆の行事は毎年決まってやってくるものですが、仏教が始まって以来、脈々と先祖代々が同じようにお盆の供養をすることで受け継がれてきたものです。 ただ同じようにお盆の行事をする中にも、無数の魂が、自…

続きを読むread more

【坐禅会】初心者坐禅会を行いました

本日、坐禅について初心者の方を対象とした「初心者坐禅会」を開催しました。 毎月の坐禅会を開催していますが、経験者やリピーターの方が中心ですので、全く新しい方を取り込むための企画です。 しかしながら、台風接近の影響もあってか、参加者の方は見えませんでした。 <毎月の坐禅会のようす> 坐禅はどうしても敷居が高いイ…

続きを読むread more

【寺院葬】お寺でお葬式 ~真福寺葬~ のご紹介

<真福寺の本堂を使って、お葬式ができます> 先週は、檀家さんのお葬式が重なり、かなりバタバタとしていました。 お葬式は葬儀会館を借りて行われる檀家さんが大半ですが、先週は今年初めての、お寺でのお葬式「真福寺葬」でした。 葬儀会館を借りることが当たり前となっている最近では、お寺を使うことの方が周囲の人には驚かれます。…

続きを読むread more