10月の一句②

_20171015_173714.JPG

10月後半の一句は「歳月、人を待たず」です。陶淵明の『雑詩』より引用しました。

光陰矢の如し。時の流れは本当に早いもので、今年もあっという間に10月の後半です。

時間を大切にし、後悔の無いように人生を生きましょう、という戒めを含んだ言葉です。大事なことですが、生活をしている中で忘れがちになってしまうことですね。

時間を無駄にしないようにという意味ですが、『雑詩』の中では次のように書かれています。

及時当勉励 歳月不待人
(時に及んで当に勉励すべし。歳月、人を待たず。)

まさに勉励すべし、とは「勉学に励みなさい」という意味です。たとえ年齢を重ねたとしても、勉学を始めるのに決して遅い時期はありません。時間を惜しまずに、学ぶ気持ちを忘れないよう、というのが本来の意味です。

~10月の行事案内~
【秋の坐禅会】
10月29日(日)午後4:00~6:00
本堂にて、参加無料、申込不要。

坐禅会は初参加でも大丈夫です。どなたでも気軽にお越し下さい! 合掌

"10月の一句②" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント