"今月の一句、今月の予定"の記事一覧

【今月の予定】3月の一句①

3月前半の一句は「火事は怖ろしい。怒りの炎は、なお怖ろしい。」です。 先月から「三毒」(さんどく)と言う、人を悩ませ続ける根源的な煩悩を紹介しています。三毒は3種類あり、「貪」は「むさぼり・尽きない欲」、「瞋」は「怒り」、「痴」は「愚痴・ねたみ」というものです。 今月の一句は、「怒り」という感情を「炎」に例えて説明し…

続きを読むread more

2月の一句②

2月後半の一句は、「知足(足るを知る)」です。 前回、「三毒」(さんどく)と言う、人を悩ませ続ける根源的な煩悩を紹介しました。三毒は3種類あり、「貪」は「むさぼり・尽きない欲」、「瞋」は「怒り」、「痴」は「愚痴・ねたみ」というものです。 今回の「知足」<ちそく>という言葉は、「貪」という「尽きない欲」を静めるための大…

続きを読むread more

【今月の予定】2月の一句①

2月前半の一句は「他人をうらやまず、他人の言葉に迷わない」です。 今回は「三毒」(さんどく)という言葉を紹介します。貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)の三種類の根本的な毒(煩悩)とされるものです。誰もが経験したことのある感情でありながら、人を悩ませ続ける感情であります。 「貪」は「むさぼり・尽きない欲」、「瞋」は「怒り…

続きを読むread more

1月の一句②

1月後半の一句は「継続は力なり」です。 さて皆さんは今年の目標を立てられましたか?仕事・学業・生活習慣、もちろん仏門の修行でも何でも良いです。どんな分野でも誰もが必ず設定してもらいたいと思います。 ただ継続すれば良いというものは「惰性」につながります。きちんと目標を見据えた上で、正しい努力を継続することこそ本当の意味…

続きを読むread more

【今月の一句】1月の一句①

改めまして、明けましておめでとうございます。皆さまにおかれましては輝かしい新年をお迎えのことと、法幸無量に存じます。 今月の一句は、新年のご挨拶とさせていただきました。 真福寺という名のもと「真実」の「福」を多くの方にもたらすことができるよう、精進を続けていきたい所存です。 お寺の南側にある掲示板を活用し、言葉…

続きを読むread more

12月の一句②

12月後半の一句は「この一日の身命<いのち>を尊ぶべし」です。 早いもので、あっという間に一年が過ぎてしまいました。私自身も年齢を重ねる毎に年々、時間の経過がどんどん早く感じます。 一年最初の元旦にこれからの365日の長さを考えると、非常に長く感じます。しかしながら、一日一日を過ごしていると、気付いたときには一年間が…

続きを読むread more

【今月の予定】12月の一句①

先月からホームページを公開していますが、お寺でお葬式(真福寺葬)の項目だけが未完成です。葬儀社さんと打ち合わせ中ですので、本当の完成までもう少しお待ち下さい。 12月前半の一句は「急がば回れ」です。 つい忘れてしまいがちですが、人生にとって重要な意味を持つ言葉ですので、改めて思い出してもらいたい一句です。 12…

続きを読むread more

11月の一句②

11月後半の一句は「鉄の錆<サビ>は、鉄から出て、鉄をむしばむ」です。 鉄もサビも比喩表現ですね。「鉄」は自分自身、「サビ」は悪行のことです。 悪行と言っても、凶悪犯罪のことばかりではありません。日常生活の中で言ってしまうような、ちょっとしたウソも含まれます。 小さなウソでも繰り返していると、いつか辻褄が合わな…

続きを読むread more

【今月の予定】11月の一句①

10月後半は雨が続きましたが、最近は爽やかな秋晴れですね。天気が晴れると、心も明るくなって前向きになります。 11月前半の一句は「修行とは、自らを欺かないこと」です。 本来の意味では「修行」を仏道の修行として捉えますが、仏門に限らず、料理人の修行・大工の修行・スポーツの練習など、人生全般に応用できる言葉です。 …

続きを読むread more

10月の一句②

10月後半の一句は「歳月、人を待たず」です。陶淵明の『雑詩』より引用しました。 光陰矢の如し。時の流れは本当に早いもので、今年もあっという間に10月の後半です。 時間を大切にし、後悔の無いように人生を生きましょう、という戒めを含んだ言葉です。大事なことですが、生活をしている中で忘れがちになってしまうことですね。 …

続きを読むread more