"今月の一句、今月の予定"の記事一覧

11月の一句②

11月前半の一句は「外からの恵み、内からの努力」です。 何の事かというと、「精進<しょうじん>する」ということの意味です。 例えば、みかんジュースを売る営業マンがいたとして、朝から晩までとても頑張って働き、営業成績が一番となって上の階級に昇進したとします。 さて、この人の残した結果が、この人「だけ」の頑張りであ…

続きを読むread more

【今月の予定】11月の一句①

11月前半の一句は「気は長く、心は丸く、腹立てず」です。 どこかしらで目にされたことがある方もいるのではないでしょうか。 私も祖父の家にこの格言が貼ってあったのを思い出しました。 誰が最初に言い始めたかは諸説あるようですが、似たような内容で2種類あるようです。 「気は長く、心は丸く、腹立てず、口つつしめば…

続きを読むread more

10月の一句②

10月後半の一句は「無常迅速、時、人を待たず。」です。 この言葉は禅語(禅の教えを示した言葉) 「生死事大 光陰可惜 無常迅速 時不待人」 生死事大<しょうじじだい> 光陰<こういん>惜しむべし 無常迅速<むじょうじんそく> 時、人を待たず の一部です。 要するに「光陰矢のごとし」すなわち時間の流れは…

続きを読むread more

【今月の予定】10月の一句①

10月前半の一句は「なくてはならぬ人になれ」です。 誰一人として完全な人間はいないので、不完全な人間はお互いに助け合うことで生活しています。 「なくてはならぬ人」と思われるために必要なものは何でしょうか。確かに大金や名誉、過去の経歴、優れた技術があると、他人と差がつきやすく分かりやすい点です。 ですが、そんな優…

続きを読むread more

9月の一句②

9月後半の一句は「幸福とは、人生の目的ではなく手段」です。 「幸福」になりたいと思う気持ちは人であれば誰もが持つ感情です。 「幸福になること」が目的であっては本末転倒で、あくまで取り組んでいる過程が「幸福であった」と結果として気付くものです。 抽象的なので、具体的に考えるには「幸福」を仕事・お金・勉強・家族・趣…

続きを読むread more

【今月の予定】9月の一句①

9月前半の一句は「笑う門には福来たる」です。 最近みなさんは大声を出して笑うことがありましたか? テレビの芸人さんや、インターネットの面白動画を見て笑うことは簡単ですが、他人との生の会話の中で笑うことは難しいことかもしれません。 笑いになるような出来事や、共通の趣味も必要な要素かもしれませんが、なにより他人との…

続きを読むread more

【今月の予定】8月の一句①

8月前半の一句は「今日ほめて、明日悪く言う、人の口」です。 誰かをほめる言葉も、けなす悪口も、言葉にして発すること自体はとても簡単です。 人としての本当の価値は、その言葉をふさわしいTPO(時・場所・場合)に用いることができるかということ。そして、その人の言葉と行動が一致しているかという点にあります。 人間は自…

続きを読むread more

【今月の予定】7月の一句①

7月前半の一句は「自分の価値観を信じよう」です。 自分の事を信じることができる、ということを口に出すことは簡単でも、本心と行動が一致していることは案外難しいのではないでしょうか。 難しいことですが「禅」の教えでは、この点を最も重要視します。坐禅をすることも自分自身の心と向き合う訓練ですし、読経や掃除といったお勤めを通…

続きを読むread more

6月の一句②

6月後半の一句は「平常無事」<びょうじょうぶじ>です。 平常、すなわち毎日の生活の中で、何も悪いことが無くその日を暮らせる事こそが一番尊いことだという意味です。 皆さんにとって何を「幸せ」に思うかは人それぞれだと思います。おいしい食事を食べること、高価なブランド品を買い物すること、容姿の美しい異性と遊ぶこと・・・ぜい…

続きを読むread more

【今月の予定】6月の一句①

6月前半の一句は「生命は必ず皆、死を迎える」です。 当たり前のことのようですが、普通に生活している限り私たちが「死」を意識することはなく、何も気にすることなく明日も同じような生活が続くように感じます。 お寺という存在はお葬式や法事を通じて「死」を身近に感じてもらう場所なのですが、「死」を悲観することなく、むしろ限りあ…

続きを読むread more