"今月の一句、今月の予定"の記事一覧

2月の一句②

2月後半の一句は「人に勝たんとすれば、まず自らに勝て」です。 スポーツなどの競技、コンテストのある芸術分野でも構いません。今は受験シーズンなので、入試の点数を左右することにも言えることです。 人よりも抜き出ようとするならば、やはり自分が努力を積まなければ成果にはつながりません。 勝負事だけでなく人生の全てに共通…

続きを読むread more

【今月の予定】2月の一句①

2月前半の一句は「幸福の欠点は終わりがあること」です。 「諸行無常」<しょぎょうむじょう>という真理(絶対にゆらぐことのない事実)があります。 全ての物事は、「常」すなわち一定の状態のままであることが「無い」という意味です。 「川の流れ」がよく例として挙げられます。川が流れ続けているとしても、その中に流れている…

続きを読むread more

1月の一句②

1月後半の一句は「明日やろうは、馬鹿野郎」です。 2019年となり、皆さんは一年間の目標を立てられましたか? 実現可能なことでも何でも良いので、何かしら目標は設定された方がいいです。 目標に対して努力するとして、行動を始めるのを「先延ばし」にすることはいけません。 「思い立ったが吉日」とも言います。古い流…

続きを読むread more

【今月の予定】1月の一句①

1月前半の一句は「全てに、ほほえみをささげよう」です。 改めまして、2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 5月には平成時代が終わって新しい元号となりますが、皆さんはこの一年間をどのような年にしたいでしょうか? この一年を、ぜひ「笑顔」を忘れないでいて欲しいのですが、ほほえみを「ささげる」という点もポイ…

続きを読むread more

12月の一句②

12月後半の一句は「無事」<ぶじ>です。 いよいよ2018年も終わりとなりました。皆さまにとってはどのような一年間でしたでしょうか。 今年の流行語・今年の漢字が発表され、テレビでも一年間を振り返るような特集が多くなってきました。 皆さん自身の一年間にも、たくさんの良い事と悪い事があったと思いますが、良い・悪いで…

続きを読むread more

【今月の予定】12月の一句①

吉縁会のせいでしばらく更新が滞ってしまい申し訳ございませんでした。 12月前半の一句は「蝸牛<かぎゅう>角上<かくじょう>に何事をか争う」です。 早いものでアッと言う間に一年も終わりとなってしまいます。 蝸牛<かぎゅう>とは、かたつむり。蝸牛の角の上ほどの非常に小さい所で、何を争うのか、という意味です。 …

続きを読むread more

11月の一句②

11月前半の一句は「外からの恵み、内からの努力」です。 何の事かというと、「精進<しょうじん>する」ということの意味です。 例えば、みかんジュースを売る営業マンがいたとして、朝から晩までとても頑張って働き、営業成績が一番となって上の階級に昇進したとします。 さて、この人の残した結果が、この人「だけ」の頑張りであ…

続きを読むread more

【今月の予定】11月の一句①

11月前半の一句は「気は長く、心は丸く、腹立てず」です。 どこかしらで目にされたことがある方もいるのではないでしょうか。 私も祖父の家にこの格言が貼ってあったのを思い出しました。 誰が最初に言い始めたかは諸説あるようですが、似たような内容で2種類あるようです。 「気は長く、心は丸く、腹立てず、口つつしめば…

続きを読むread more

10月の一句②

10月後半の一句は「無常迅速、時、人を待たず。」です。 この言葉は禅語(禅の教えを示した言葉) 「生死事大 光陰可惜 無常迅速 時不待人」 生死事大<しょうじじだい> 光陰<こういん>惜しむべし 無常迅速<むじょうじんそく> 時、人を待たず の一部です。 要するに「光陰矢のごとし」すなわち時間の流れは…

続きを読むread more

【今月の予定】10月の一句①

10月前半の一句は「なくてはならぬ人になれ」です。 誰一人として完全な人間はいないので、不完全な人間はお互いに助け合うことで生活しています。 「なくてはならぬ人」と思われるために必要なものは何でしょうか。確かに大金や名誉、過去の経歴、優れた技術があると、他人と差がつきやすく分かりやすい点です。 ですが、そんな優…

続きを読むread more