2018年01月14日

1月の一句②

_20180114_111711.JPG

1月後半の一句は「継続は力なり」です。

さて皆さんは今年の目標を立てられましたか?仕事・学業・生活習慣、もちろん仏門の修行でも何でも良いです。どんな分野でも誰もが必ず設定してもらいたいと思います。

ただ継続すれば良いというものは「惰性」につながります。きちんと目標を見据えた上で、正しい努力を継続することこそ本当の意味をなすものです。

なにより、継続することは「慣れ」ばかりでなく「自信」にもつながっていきます。自分自身のことを本当に分かっているのは、もちろん自分だけですので、その自分に決して嘘をつかないことです。


1月後半の真福寺の行事はありません。

なんでも相談会として、永代供養や、お寺でお葬式「真福寺葬」、その他悩み事でも、なんでも相談できますので、ぜひお寺へお越しください。

ただし法要や葬儀などの関係もありますので、必ず事前予約をお願いします。

どうぞまだまだ寒い日が続きますので、体調管理にはくれぐれもご注意ください。 合掌
posted by 住職 at 17:26| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

【今月の一句】1月の一句①

改めまして、明けましておめでとうございます。皆さまにおかれましては輝かしい新年をお迎えのことと、法幸無量に存じます。

_20180101_114950.JPG

今月の一句は、新年のご挨拶とさせていただきました。

真福寺という名のもと「真実」の「福」を多くの方にもたらすことができるよう、精進を続けていきたい所存です。

お寺の南側にある掲示板を活用し、言葉を通じて「幸福」とは何かを気付いていただけるようになればと日々考えています。


1月は年始めの行事が中心ですが、いつでもお寺にお越しいただければと思います。

~1月の行事案内~
【初詣】
1月1~3日 本堂開放
ご自由に本堂に上がって参拝してください

【大般若祈祷会】
1月7日(日)午前11:30~12:00
参加費不要・申込不要
檀家さん以外でも参拝していただけます
初詣としても、ご祈祷にぜひどうぞ。


本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 合掌
posted by 住職 at 12:53| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

12月の一句②

_20171214_201646.JPG

12月後半の一句は「この一日の身命<いのち>を尊ぶべし」です。

早いもので、あっという間に一年が過ぎてしまいました。私自身も年齢を重ねる毎に年々、時間の経過がどんどん早く感じます。

一年最初の元旦にこれからの365日の長さを考えると、非常に長く感じます。しかしながら、一日一日を過ごしていると、気付いたときには一年間が過ぎ去ってしまっているものです。

大切なことは「今、この瞬間」に集中するということです。過去の後悔や、未来の漠然とした不安に惑わされていると、現在の地に足がついていない状態になってしまいます。今、自分自身にできることを精一杯することこそ、その先に良い結果を導くことになるのです。

年末・年始に関わらず、どんな季節も、どの一日も尊い一日で、無駄な日など決してありません。

(「日々是好日」<ひびこれこうじつ>という言葉もありますね。)

さて年末のメインイベントは「除夜の鐘つき」です。参拝された方に鐘をついてもらっていますので、ぜひ皆さんお越し下さい。

【お供物受付】
12月29~31日 本堂開放
仏さまにお供えする鏡餅や、もち米などをお持ち下さい。

【除夜の鐘つき】
12月31日 23:30~24:30頃
108回ついたら終了ですので、お早目にお越しください。

寒い日が続きますので暖かくしてお過ごし下さい。除夜の鐘つきも厚手の服装で、寒くないようにお越し下さい。 合掌
posted by 住職 at 21:35| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

【今月の予定】12月の一句①

先月からホームページを公開していますが、お寺でお葬式(真福寺葬)の項目だけが未完成です。葬儀社さんと打ち合わせ中ですので、本当の完成までもう少しお待ち下さい。

_20171130_193558.JPG

12月前半の一句は「急がば回れ」です。

つい忘れてしまいがちですが、人生にとって重要な意味を持つ言葉ですので、改めて思い出してもらいたい一句です。

12月は「師走」と言いますが、この「師」とはお坊さんのことであるという説もあります。お坊さんに限らず、お勤めの方は決算の時期でもありますし、誰もが忙しくて走り回る時期です。

忙しい時は視界が狭くなってしまい、周りの状況がよく見えなくなり易いです。そんな時に「まわり道」すなわり、気持ちに余裕をもって、落ち着いて取り組むことが大切なことです。

12月に限らず、常に忘れないようにしたい言葉ですね。

今月には坐禅会もあります。たまには静かに心を落ち着ける時間を設けてみてはいかがでしょうか。

~12月の行事案内~
【坐禅会】
12月10日(日)午後4:00~6:00
参加費不要・申込不要
檀家さん以外の参加、初めての参加でも大丈夫。

【お供物受付】
12月29~31日
鏡餅やもち米のお供物をお持ち下さい。
本堂は開放していますので、いつでもお参りして頂けます。

【除夜の鐘つき】
12月31日 23:30~24:30
檀家さんに限らずどなたでも参拝でき、参拝者が鐘をつきます。
108回ついたら終了ですので、お早目にお越しください。

12月もぜひ真福寺へお越し下さい。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

11月の一句②

_20171115_210835.JPG

11月後半の一句は「鉄の錆<サビ>は、鉄から出て、鉄をむしばむ」です。

鉄もサビも比喩表現ですね。「鉄」は自分自身、「サビ」は悪行のことです。

悪行と言っても、凶悪犯罪のことばかりではありません。日常生活の中で言ってしまうような、ちょっとしたウソも含まれます。

小さなウソでも繰り返していると、いつか辻褄が合わなくなって、誤魔化しがきかなくなります。「むしばむ」とは「信用を失う」という例えのことです。

正直に生きることは大変なこともあります。ですが、愚直な言動・行動こそが一番信用されるもので、お互いに気持ちの良いものです。


今週1週間は「観音さま縁日」で、秘仏であるご本尊の聖観世音菩薩が御開帳されています。急ですが、明日(16日)の午前中は本堂を使用する予定が入りましたので、本堂に入ることができません。

ぜひ観音さまを拝みに来てください。 合掌
posted by 住職 at 21:35| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

【今月の予定】11月の一句①

10月後半は雨が続きましたが、最近は爽やかな秋晴れですね。天気が晴れると、心も明るくなって前向きになります。

_20171031_205211.JPG

11月前半の一句は「修行とは、自らを欺かないこと」です。

本来の意味では「修行」を仏道の修行として捉えますが、仏門に限らず、料理人の修行・大工の修行・スポーツの練習など、人生全般に応用できる言葉です。

仕事でもスポーツでも、その人が成功するかどうかは「自分に自信を持っているか」が一番関係してくるのではないでしょうか。練習や勉強を重ねるのも、その努力した事が自信となって、実力として発揮されるからです。

嘘をついたり、ごまかすことは、とても簡単な方法です。だからこそ、周囲の人をだますことが無く、自分の信じることを貫徹して行動することは、とても評価されることです。

自分と向き合い、自分に嘘をつかずに、正しい努力を続ける。これが人生において最も重要なことだと私は思います。


さて、11月は観音さまの行事があります。真福寺のご本尊さまである聖観世音菩薩(観音さま)を供養します。お盆に次いで盛大な行事にしたいと思い、試行錯誤しています・・・

~11月の行事案内~
【観音さま参り・写経会】
11月12日(日)9:00~観音さま参り
       9:30~写経会
どなたでも参加できる行事です。お気軽にお越し下さい。
写経会は9:30~12:00、出入自由です。各自のペースで写経を進めます。

【観音さま建立記念法要】
11月18日(土)9:00~観音さま参り
境内の観音像にご回向します。

11月11日~18日は、秘仏である観音三尊を御開帳いたしますので、ぜひご本尊さまを見に来てもらいたいと思います。納経(写経を納める)をした方には、ご朱印もできますので、ご朱印帳もお持ち下さい。 合掌
posted by 住職 at 07:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

10月の一句②

_20171015_173714.JPG

10月後半の一句は「歳月、人を待たず」です。陶淵明の『雑詩』より引用しました。

光陰矢の如し。時の流れは本当に早いもので、今年もあっという間に10月の後半です。

時間を大切にし、後悔の無いように人生を生きましょう、という戒めを含んだ言葉です。大事なことですが、生活をしている中で忘れがちになってしまうことですね。

時間を無駄にしないようにという意味ですが、『雑詩』の中では次のように書かれています。

及時当勉励 歳月不待人
(時に及んで当に勉励すべし。歳月、人を待たず。)

まさに勉励すべし、とは「勉学に励みなさい」という意味です。たとえ年齢を重ねたとしても、勉学を始めるのに決して遅い時期はありません。時間を惜しまずに、学ぶ気持ちを忘れないよう、というのが本来の意味です。

~10月の行事案内~
【秋の坐禅会】
10月29日(日)午後4:00~6:00
本堂にて、参加無料、申込不要。

坐禅会は初参加でも大丈夫です。どなたでも気軽にお越し下さい! 合掌

posted by 住職 at 19:28| 愛知 ☔| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

【今月の予定】10月の一句①

昼と夜の温度差が激しい今日この頃です。まだ日差しは強く、雑草も元気ですので、しばらく戦いは続きそうです。

_20171001_085153.JPG

10月前半の一句は、10月5日の「達磨忌」に関連し、達磨大師の言葉である「直指人心、見性成仏」(じきしにんしん、けんしょうじょうぶつ)です。

一句の隣に、白隠禅師の達磨図を付けてみました。絵の中にも同じ語が書かれています。

10月5日「達磨忌」(だるまき)は、禅宗の初祖である達磨大師<だるまだいし>のご命日であり、禅寺にとって重要な日のひとつです。縁起物として知られる赤いダルマも、赤い衣を着て坐禅をする達磨大師がモデルになっているものです。

簡潔に言葉の意味をとると、「本当の自分の心をきちんと把握することができれば、自分の内にある仏の心が現れる」となります。成仏という言葉は、死を意味するのではなく、「仏の心が現れる」すなわちお悟りを開くという意味で使われます。「仏の心」とは欲望や悪智恵から離れた、清浄な信念のある強い心です。

自分の心に確信たるものが無いと、誘惑にかられて気持ちがブレたり、ごまかしたり騙したりしてしまいます。そうしたフラフラする心の奥底にも必ずある、確たる自己を見つけるための訓練が「禅」と言えます。「衆生本来、仏なり」と言われるように、誰の心の中にも、仏の心が備わっているのです。


~10月の行事案内~
【秋の坐禅会】
10月29日(日)午後4:00~6:00
本堂にて、参加無料、申込不要。
初参加でも歓迎!どなたでも気軽にお越し下さい。

ぜひ坐禅を通して、達磨大師の教えを体現してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

9月の一句②

本当ならば15日に一句を変更する予定でした。来月からは気を付けます・・・

_20170921_124220.JPG

9月後半の一句は「この道はいまも変らず彼岸花」です。作者は長崎桂子さんで、インターネットで俳句を探していたら目に留まりました。

彼岸花とは不思議な花で、9月のお彼岸の時期になると決まって咲きます。そして球根に栄養を蓄えますので、1年後の9月にまた同じように咲き誇ります。

道路際や川沿いの土手などあらゆる場所に咲く彼岸花ですが、球根の場所が変わらない限り同じ所に花を開き続けます。「この道はいまも変らず」とあるように、同じ光景が残っている懐かしさを感じさせてくれる花でしょう。

また同時に「諸行無常」(常に物事は変化すること)として、特に人間や町並みの変化の早さにも気付かされます。自然の中における悠久の時間が「禅」におけるお悟りの境地として例えられることもあります。

DSC_1465.JPG
(真福寺に咲く彼岸花)

23日のお彼岸法要にもぜひお越し下さい。 合掌
posted by 住職 at 13:09| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

【今月の予定】9月の一句①

朝晩は涼しい、秋らしい気候になってきました。気温の変化が大きいですが、お元気にお過ごしでしょうか。

_20170901_102033.JPG

9月前半の一句は「わずかな隙が、道を閉ざす」です。今月から毎月1日と15日に一句を変えますのでお楽しみに。

不注意で事故を起こしたり、少しの好奇心でも悪事をしたりすると、将来的な自分自身を苦しめる結果になってしまう、ということを警告する一句です。

先月21日の午後2時頃、真福寺すぐ東の県道で自動車事故がありました。北側から進んできた普通車がセンターラインをはみ出し、南側から来たトラックに突っ込んだという状況でした。車両は破損していましたが、怪我人はいなかったようです。

詳しい原因は分かりませんが、明らかに普通車側の運転手の不注意だと思われます。自動車事故となると自分一人だけの問題で済まされることはありませんし、死傷者が出ると金銭だけでは解決できない責任を負います。なので自動車に乗る際は油断せずに安全運転でお願いします。

また、運転中にスマホ・携帯電話を操作するのはとても危険です。「自分は大丈夫」と思って油断し、スマホの方に気を取られていると思わぬ事故を起こします。自分の人生を台無しにしないためにも、マナー・モラルを守って行動しましょう。


~9月の行事案内~

9月20~26日は「お彼岸」<おひがん>です。
この期間に功徳を積むと、とても良いとされていますので、ぜひお寺・お墓にご参拝ください。

【お彼岸供養・法話会】
9月23日(土、秋分の日)
本堂にて午前9:00~、読経
      9:30~、法話
下末霊苑に移動して10:30~下末霊苑 総供養

本堂でのお彼岸供養は、新亡(2年以内にご逝去)の檀家さんはご参加をお願いします。

また、宗派を問わずどなたでも参加して頂けますので、お気軽にお越し下さい。

今月もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 合掌
posted by 住職 at 11:03| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする