2019年01月01日

【今月の予定】1月の一句①

IMG00060_HDR.jpg

1月前半の一句は「全てに、ほほえみをささげよう」です。

改めまして、2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

5月には平成時代が終わって新しい元号となりますが、皆さんはこの一年間をどのような年にしたいでしょうか?

この一年を、ぜひ「笑顔」を忘れないでいて欲しいのですが、ほほえみを「ささげる」という点もポイントです。

皆さんは何のために「笑い」ますか?

自分が笑顔だから、あなたも笑顔で・・・と思うのは、「強要している」ようです。

逆に、相手から「笑え」と言われても、すぐに笑えるわけではありません。笑いを「強要される」ことも変ですね。

失敗をした時に「ミスを笑ってごまかす」ことや、笑いで「相手を見下す」ことは不快な感情になります。

「笑顔」「ほほえみ」は対価を求めずに「ささげる」ものなのです。

付加価値や、意味を求めているようでは笑顔の持つ「優しさ」や「穏やかさ」が失われてしまうので、無償で振りまくものなのでしょう。


~1月の行事案内~

【大般若祈祷会】
<だいはんにゃ・きとうえ>
1月7日(月)
11:00~12:00
・参拝者にお札を進呈します。
・どなたでもお越しください。

【坐禅会】<毎月開催>
1月27日(日)
午後3:00~5:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。

今月もよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 14:38| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

12月の一句②

_20181214_204142.JPG

12月後半の一句は「無事」<ぶじ>です。

いよいよ2018年も終わりとなりました。皆さまにとってはどのような一年間でしたでしょうか。

今年の流行語・今年の漢字が発表され、テレビでも一年間を振り返るような特集が多くなってきました。

皆さん自身の一年間にも、たくさんの良い事と悪い事があったと思いますが、良い・悪いで区別できないような「普通の事」も山のようにあったはずです。

そんな「普通の事」こそ「無事」<ぶじ>です。

「無事平穏」と考えていただければ分かりやすいでしょう。

毎日帰る家があること、食事を朝昼晩と三回いただけること、誰かに傷付けられることなく暮らせること、そういった「普段通り」なことこそが最も尊いことなのです。

当たり前である事ほど、実は気付きにくく、「ありがたい」(有り難い)事なのです。

師走のせわしない気分の中で、落ち着いて考えることができないでしょうから、お正月の時間のあるときに考えてみてください。


~12月の行事案内~

【お供物受付】
12月29日~31日
・鏡餅、餅米、お菓子などのお供物ください。
・本堂開放ですのでご自由にご参拝ください。

【除夜の鐘つき】
大晦日 12月31日
23:30~24:30
・どなたでもお越しください。
・参拝者の方が鐘をつきます。
・108回つくと終了ですからお早めにお越しください。


~1月の行事案内~

【お年賀】
元旦 1月1日
10:00~12:00
・参拝者にお抹茶と和菓子をお出しします。
・どなたでもお越しください。

【初詣】
1月1日~3日
・本堂開放ですのでご自由にご参拝ください。

【大般若祈祷会】
<だいはんにゃ・きとうえ>
1月7日(月)
11:00~12:00
・参拝者にお札を進呈します。
・どなたでもお越しください。


年末年始はぜひ真福寺へお越しください。 合掌
posted by 住職 at 21:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

【今月の予定】12月の一句①

吉縁会のせいでしばらく更新が滞ってしまい申し訳ございませんでした。

_20181201_112123.JPG

12月前半の一句は「蝸牛<かぎゅう>角上<かくじょう>に何事をか争う」です。

早いものでアッと言う間に一年も終わりとなってしまいます。

蝸牛<かぎゅう>とは、かたつむり。蝸牛の角の上ほどの非常に小さい所で、何を争うのか、という意味です。

この一句はある漢詩の一部を引用しました。

蝸牛角上争何事(蝸牛角上に何事をか争う)
石火光中寄此身(石火光中、この身を寄す)
随富随貧且歓楽(富にしたがい貧にしたがい、しばらく歓楽せん)
不開口笑是癡人(口を開いて笑わざるは、これ癡人)

蝸牛の角の上ほどの非常に小さい所で、何を争うのか。
火打ち石の火花が散るように、この身ははかないものだ。
富んでも貧しくても、それなりに人生を楽しもう。
大口を開いて笑えないようでは、物事を深刻に考えすぎる馬鹿者だ。

人生は、はかないものだから、精一杯楽しもうということを見事に表現されています。

この2018年はどんな年だったでしょう。短いあと1ヶ月でも笑って過ごせると良いですね。


~12月の行事案内~

【坐禅会】<毎月開催>
12月9日(日)
夕方4:00~6:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。

【お供物受付】
12月29日~31日
・鏡餅、餅米、お菓子などのお供物ください。
・本堂開放ですのでご自由にご参拝ください。

【除夜の鐘つき】
大晦日12月31日
23:30~24:30
・どなたでもお越しください。
・参拝者の方が鐘をつきます。
・108回つくと終了ですからお早めにお越しください。

今月もよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 13:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

11月の一句②

_20181114_203001.JPG

11月前半の一句は「外からの恵み、内からの努力」です。

何の事かというと、「精進<しょうじん>する」ということの意味です。

例えば、みかんジュースを売る営業マンがいたとして、朝から晩までとても頑張って働き、営業成績が一番となって上の階級に昇進したとします。

さて、この人の残した結果が、この人「だけ」の頑張りであると思っているならば、「精進」とは言えません。

そもそも、みかんジュースを作る生産者、そしてみかんジュースを買ってくれる人がいるからこそ、営業マンが存在します。

会社の中で働いている以上、もらえるお給料は自分が稼いだ分だけでなく、仲間の営業マンが稼いだ分も含まれています。

何より、朝から晩まで働くためのエネルギーは食事から取り込みますので、食材を作る人・調理する人がいないと、飢え死にしてしまいます。

簡単な例でも、これだけの「外からの恵み」があるからこそ、昇級してお金がもらえるのです。決して自分一人だけでは成り立たないことを忘れてはいけません。

そして「内側」すなわち「心の中」で、みかんジュースとお客さんを大切に思う気持ちがあるから努力することができるのです。

外部からの恩恵に感謝し、自分の気持ちを成長させることを意味するのが「精進」です。


~11月の行事案内~

<観音さま縁日>
参加費無料・申込不要です

【秘仏・観音三尊の御開帳】
11月18日まで開催中
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

【宝物展】
11月18日まで開催中
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

宝物展は、展示品を入れ替え、後期に入っています。一度ご覧になった方もぜひまたお越しください。 合掌
posted by 住職 at 21:03| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

【今月の予定】11月の一句①

_20181031_170819.JPG

11月前半の一句は「気は長く、心は丸く、腹立てず」です。

どこかしらで目にされたことがある方もいるのではないでしょうか。

私も祖父の家にこの格言が貼ってあったのを思い出しました。

誰が最初に言い始めたかは諸説あるようですが、似たような内容で2種類あるようです。

「気は長く、心は丸く、腹立てず、口つつしめば、命長かれ」

「気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく」

要するに、気長で温和に・謙虚に生きましょう、という内容の格言です。

「貪・瞋・癡」<とん・じん・ち>と言って、根本的な煩悩<ぼんのう>を「三毒」<さんどく>と言います。

貪<とん>は満ちることを知らない貪り<むさぼり>の心、瞋<じん>は怒りの感情、癡<ち>は嫉妬や妄想で自分をおとしめる愚かさ、というのが三毒です。

人生の中ではこうした悩みが尽きないもので、人間の性<さが>とも言えるでしょう。

この三毒とは真逆のように「気は長く、心は丸く、腹立てず、口をつつしんだり、他人をたてて自分は謙虚に」生きると楽になるのではないでしょうか。


~11月の行事案内~

【坐禅会】<毎月開催>
11月4日(日)
夕方4:00~6:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。


<観音さま縁日>
どの行事も参加費無料・申込不要です

【秘仏・観音三尊の御開帳】
11月11日~18日
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

【宝物展】
11月11日~18日
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

【観音さま供養】
11月11日(日)
午前9:00~9:30
どなたでもご参加できます

【写経会】
11月11日(日)
午前9:30~12:00
・参加費無料ですが写経用紙は別売(100円~)です。
・申込不要ですので当日に本堂へお越しください。
・筆ペンを無料で貸出。各自の書道用具を持込可能です。
・檀家さん以外でもご参加いただけます。

写経会では「ぬり絵」に挑戦していただくこともできます。


11月は真福寺のご本尊さまである観音さまの縁日です。真福寺で一番大きな行事になるように盛り上げていきたいと思いますので、皆さまぜひ足を運んでいただければ幸いです。

今月もよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

10月の一句②

_20181014_211633.JPG

10月後半の一句は「無常迅速、時、人を待たず。」です。

この言葉は禅語(禅の教えを示した言葉)
「生死事大 光陰可惜 無常迅速 時不待人」
生死事大<しょうじじだい>
光陰<こういん>惜しむべし
無常迅速<むじょうじんそく>
時、人を待たず

の一部です。

要するに「光陰矢のごとし」すなわち時間の流れはとても早い、という内容ですが、「無常迅速」も大切な禅の教えです。

「無常」とは文字通り「常ではない」すなわち同じ状態であり続けるものはない、という意味です。

最近は急に朝晩が肌寒く感じるようになりましたが、季節は日に日に変化しています。

また、季節だけでなく人間の感情も、景気や流行に表れるように常に変化しています。今年も残り2ヶ月になりましたので、そろそろ1年間のニュースや流行語を振り返る時期ですね。

くどいようですが、建物や植物、ペット、この世の全てのものが常に変化する「無常」なのです。

無常は「迅速」に移り変わっていくもので時間は決して待ってくれないものですから、この一瞬一瞬を大切にしましょう。


~10月の行事案内~

【お寺でお葬式相談会】
10月27日(土)、10月28日(日)
両日とも、9時~、10時~、11時~、
     13時~、14時~、15時~
★各回1時間、1組限定の予約制
・参加費 無料(葬儀社の入会金もありません)
・予約方法 真福寺へ電話(0568-77-4744)
      または下記Googleフォーム
お問い合わせフォーム(Googleフォーム)

「お寺でお葬式」はHPでも紹介しています。
お寺でお葬式「真福寺葬」


【坐禅会】<毎月開催>
10月28日(日)
夕方4:00~6:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。

2018年・平成30年もいよいよ終わりが近づいてきました。今年もあと少しどうぞよろしくお願いします。 合掌
posted by 住職 at 06:45| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

【今月の予定】10月の一句①

_20180930_162738.JPG

10月前半の一句は「なくてはならぬ人になれ」です。

誰一人として完全な人間はいないので、不完全な人間はお互いに助け合うことで生活しています。

「なくてはならぬ人」と思われるために必要なものは何でしょうか。確かに大金や名誉、過去の経歴、優れた技術があると、他人と差がつきやすく分かりやすい点です。

ですが、そんな優れた点が多い人ばかりではありませんし、欠点の多い人も当然います。

抜き出た才能がなくても「誠実な心」があれば「なくてはならぬ人」と思ってもらえるはずです。

逆を言うと、才能ある人でも、傲慢な態度ばかりだと「うっとうしい人」と思われます。

良い所がない自分でも、そんな自分を認めてあげれば良いのです。誠実な態度で人に接することで、上手に助け合って人間は生活しているのです。


~10月の行事案内~

【お寺でお葬式相談会】
10月27日(土)、10月28日(日)
両日とも、9時~、10時~、11時~、
     13時~、14時~、15時~
★各回1時間、1組限定の予約制
・参加費 無料(葬儀社の入会金もありません)
・予約方法 真福寺へ電話(0568-77-4744)
      または下記Googleフォーム
お問い合わせフォーム(Googleフォーム)

「お寺でお葬式」はHPでも紹介しています。
お寺でお葬式「真福寺葬」


【坐禅会】<毎月開催>
10月28日(日)
夕方4:00~6:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。

今月もどうぞよろしくお願い致します。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☔| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

9月の一句②

名称未設定-1.jpg

9月後半の一句は「幸福とは、人生の目的ではなく手段」です。

「幸福」になりたいと思う気持ちは人であれば誰もが持つ感情です。

「幸福になること」が目的であっては本末転倒で、あくまで取り組んでいる過程が「幸福であった」と結果として気付くものです。

抽象的なので、具体的に考えるには「幸福」を仕事・お金・勉強・家族・趣味・・・、と大切なものに置き換えてみてください。

仕事・勉強・スポーツで高い成果を得ることは素晴らしいことです。しかしながら、必ずしも1番高い結果を得ることばかりが幸福ではありません。2番目の人は決して不幸というわけではありません。また成果が出なくても継続することで自分の実になり、応用が効かせられるようになって幸福を感じることもあります。

大切なのは、一生懸命に取り組む姿勢の中に幸福が生まれること、そして幸福の尺度は人それぞれであるから自分の考え方次第で気持ちを変えられることです。

「人生」という長いようで短い時間の中で、どのように「命」を全うするか、何に幸福の尺度を置くのかを見失わないようにしたいですね。


難しいけれども大事なテーマですので、お彼岸の法話の題材にもする予定です。ぜひお彼岸にもお越しください。


【お彼岸供養・法話会】
9月23日(日・秋分の日)
午前9:00~ <本堂>総供養・法話
午前10:30~ <下末霊苑>総供養
新亡(2年以内にお葬式をされた)の檀家さんはご参加をお願いします。また、宗派を問わず檀家さん以外でも参加して頂けます。


雨続きで気温も下がってきました。くれぐれも風邪など引かれませんようお気を付けください。 合掌
posted by 住職 at 20:37| 愛知 ☔| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

【今月の予定】9月の一句①

_20180831_102839.JPG

9月前半の一句は「笑う門には福来たる」です。

最近みなさんは大声を出して笑うことがありましたか?

テレビの芸人さんや、インターネットの面白動画を見て笑うことは簡単ですが、他人との生の会話の中で笑うことは難しいことかもしれません。

笑いになるような出来事や、共通の趣味も必要な要素かもしれませんが、なにより他人との気持ちを合わせることで笑うことができるはずです。

仕事や家事に追われ、毎日を忙しく生活していると、自分自身の殻に閉じこもる方が楽に思えてきて、他人と笑顔を交わすことが億劫になっていませんか。

一度、心と体を落ち着けて、余裕が生まれることで心の殻が柔らかくなり、笑顔になれるはずです。

「幸福を手に入れるために笑う」のではなく、「笑っていることで自然と幸福が近付いてくる」というのが笑う門には福来たると言うことわざです。


~9月の行事案内~

【坐禅会】<毎月開催>
9月9日(日)
夕方4:00~6:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。


【お彼岸供養・法話会】
9月23日(日・秋分の日)
午前9:00~ <本堂>総供養・法話
午前10:30~ <下末霊苑>総供養
新亡(2年以内にお葬式をされた)の檀家さんはご参加をお願いします。また、宗派を問わず檀家さん以外でも参加して頂けます。


真福寺の行事に多くの人が集まっていただければ幸いです。今月もよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

【今月の予定】8月の一句①

_20180731_202633.JPG

8月前半の一句は「今日ほめて、明日悪く言う、人の口」です。

誰かをほめる言葉も、けなす悪口も、言葉にして発すること自体はとても簡単です。

人としての本当の価値は、その言葉をふさわしいTPO(時・場所・場合)に用いることができるかということ。そして、その人の言葉と行動が一致しているかという点にあります。

人間は自由に言葉を話すことができる一方で、その言葉を適切に使うことができているか日々問われているのです。

お盆の時期に故人の霊をご供養することはとても大切です。ご供養として手を合わせながら、今を生きている私たちが「命を生かす」ことができているか、ゆっくり考えるのも良いことでしょう。


~8月の行事案内~

【棚経<たなぎょう>】
8月6日~15日
各檀家さんへ個別にご連絡した通りです。
日程の変更は早めにお知らせください。


【お施餓鬼<せがき>】
8月10日(金)
一般参拝7:30~
初盆参拝11:00~
<受付6:30~10:30>
必ず参加申込が必要です。


8月13日の夕方、迎え火は各自でお願いします。


【精霊送り】
8月15日(水)下末霊苑にて
夕方5:00~6:00
この時間にお越しください。
雨天決行です。
他宗派の方もどうぞ。
5:00~5:20が一番混雑します。


【坐禅会】
8月19日(日)
夕方4:00~6:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。


好評いただいている坐禅会ですが、子どもさん・学生さんのご参加もお待ちしています。初心者でも大丈夫なので、お気軽にお越しください。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする