2018年03月11日

【坐禅会】坐禅会を行いました

本日、坐禅会を行いました。天気のとても良い日で屋外は暖かったのですが、本堂の中は冷たい空気でしたのでストーブを使いました。

DSC_1752.JPG

今回の参加者は、総代さんの他に、2回目の参加の方と初参加の方が来てくださいました。

そして今日は「坐禅儀」について説明しました。坐禅儀とは、坐禅の要点をまとめた語録<ごろく>(祖師の言葉)です。

これの一行目の文章に、坐禅をすることで「一身の為に独り解脱を求めざるべし」とあります。坐禅によって自分一人だけの解脱(悩みから解放されること)を求めてはいけない、という意味です。

坐禅はストレスや悩みの解消方法として注目されているようですが、それは本質とは少し外れています。

決して坐禅がストレス解消の直接的な方法になるわけではありません。しかし、坐禅を続けることで、ストレスや悩みに惑わされない心を鍛練することはできるでしょう。

坐禅は本来、何年間もかけて修行をするような奥深いものですので、まずは何度も挑戦してもらうことが一番です。少しでも興味をもたれた方は、ぜひお問い合わせください。

真福寺では次回5月20日(日)夕方4:00~6:00の開催です。 合掌
posted by 住職 at 20:54| 愛知 ☀| Comment(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

【坐禅会】坐禅会を行いました

本日、坐禅会を行いました。冬至も近づいて日の長さがとても短いため、終了の6時にはすっかり周りが暗くなっていました。

今日の話題として「臘八大摂心」(ろうはつ・おおぜっしん)を紹介しました。「大摂心」(おおぜっしん)とは坐禅修行期間の呼び名で、特に12月1~8日の8日間の修行を「臘八」(ろうはつ)と言います。

この修行は、お釈迦さまが1週間の坐禅を経て12月8日にお悟りを開いたこと(成道<じょうどう>と言います)にあやかり、禅宗のお坊さんになるには必ず経験しなければならないものです。食事や読経の時間も含めて一日中坐禅をし続け、消灯後も横になれずに足を組んだまま眠るため「命取り」とも呼ばれる厳しい修行です。

この臘八・成道会(お釈迦さまのお悟り)の時期が近いこともあって、12月に坐禅会を設定しました。

_20171210_200207.JPG
(「臘」とは「臘月」すなわち12月を意味します)

今日の坐禅会は参加者6名で、うち2人が初めて参加して頂きました。初参加の方は「前から興味があって、挑戦してみたかった」と話して下さり、とても喜んで頂けたようです。

今年から初めた坐禅会ですが、好評をいただいているので今後も定期的に開催する予定です。初参加でも大丈夫ですし、ぜひ小学生くらいのお子さんのご参加をお待ちしています。

次の坐禅会は来年3月11日(日)夕方4時~6時の開催です。よろしくお願いします。 合掌
posted by 住職 at 21:03| 愛知 ☁| Comment(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

【坐禅会】秋の坐禅会を行いました

本日、秋の坐禅会を行いました。ちょうど台風の影響で雨風が強い時間となってしまいました・・・

_20171029_201446.JPG
(単布団<たんぶとん>と言う、坐禅専用の座布団です。)

初参加の方が来て下さいましたが、なんと当ブログを見て坐禅会のことを知って頂けたそうです。細々とブログ更新を続けてきましたが、成果が現れてとても嬉しい限りです。

今日の坐禅会では「坐禅の三要素」というものを説明しました。三要素とは、調身<ちょうしん>・調息<ちょうそく>・調心<ちょうしん>です。文字通り、姿勢を調える・呼吸を整える・気持ちを調えるという意味です。どれか一つでも欠けたら坐禅とは言えない、重要な要素ですので覚えてもらいたいと思います。

何より、坐禅をするには調った環境も必要です。落ち着いて、誘惑に駆られるものがなく、きちんと指導できる人がいるという環境です。もちろん禅宗のお寺には全て揃っている環境です。坐禅に興味のある方は、ぜひお寺の坐禅会に挑戦してみて下さい。

次回の坐禅会は12月10日(日)に開催予定です。お時間ありましたらお願いします。

また、来月の11月12日(日)には観音さま参りと合わせて、写経会を開催しますので、こちらもお願いします。 合掌
posted by 住職 at 21:29| 愛知 ☀| Comment(1) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

【坐禅会】夏休み坐禅会を行いました。

P1030173.JPG
(坐禅をする参加者たち)

本日、夏休み坐禅会を行いました。参加者はわずか5名で、どうも朝早い行事では参加人数が減るようです。

朝早く、特にこの時期は涼しい時間帯のうちに、読経と坐禅を行うからこそ頭がスッキリ冴えて集中できるのです。また、セミやツバメの鳴き声、風の流れ等、普段は気付きにくい自然の営みを感じることができるようになります。

坐禅は難しいものではあります。しかし、一度も取り組み始めないことには、できないままです。何度も経験し、回数を重ねることで慣れていきますから、まずは挑戦してみて欲しいと思います。

P1030172.JPG
(説明・休憩をしながら進行していきます)

初めての方にも丁寧に説明しますし、何より若い年齢の内に経験すると吸収スピードが速いです。もっと若い人が集まって活気のある行事にしていくのが今後の目標です。

また、こうした情報が檀家さんの中でも若い年代の方に伝わっていないように感じますので、改善していきたいと思います。今後も定期的に坐禅会を開催しますので、ご都合が会えばぜひお越し下さい。 合掌
posted by 住職 at 15:56| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

【行事報告】坐禅会・釈尊涅槃会

去る2月12日(日)眞福寺本堂に於いて『坐禅会・釈尊涅槃会』を行いました。

●午前8:30~『坐禅会』
初めての坐禅会でしたが、12名に参加して頂きました。坐禅といっても1時間ぶっ続けで足を組むのではなく、20分を1セットとして、休憩を挟みながら20分×3セットに取り組んで頂きました。

P1030091.JPG
(↑坐禅をする参加者たち)

参加者全員が坐禅は初体験でしたが、時間が経つにつれてコツを掴んできたようでした。足は痛くなる中でも「動かない」というのは難しい、という声も聞かれました。

坐禅で足を組めない方でも、椅子に座って体験することもできます。「自分はできない」と敬遠するのが一番もったいないことですので、ぜひ思い切って体験しに来てもらいたいと思います。


●10:00~『釈尊涅槃会』
釈尊(お釈迦様)のご命日(2月15日)を追悼する法要を行いました。参加者15名で「般若心経」を唱和し、ご供養をいたしました。

涅槃会の供養方法として、真前に涅槃図(お釈迦さまの入滅の様子を描いた図)を掛けます。法要後の法話には、この涅槃図の説明を行いました。

P1030106.JPG
(↑涅槃図を鑑賞する参加者たち)

参加者の皆様には、ご参加ありがとうございました。

一年に一度しか「涅槃図」は公開しませんので、また来年の涅槃会にはぜひご参加下さい。次回の坐禅会は『夏休み坐禅会』として7月23日(日)に開催予定です。小さい子供さんも大歓迎ですので、ぜひ多くの方に参加して頂ければと思います。 合掌
posted by 住職 at 17:25| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする