"お知らせ"の記事一覧

ツバメがやってきました

暖かい春の陽気が続き、ソメイヨシノの桜の花も満開になっています。 春というと、真福寺ではツバメがやってくる季節になります。 <ツバメの巣が玄関の天井にあります> 毎年必ず、お彼岸の時期になると、ちゃんと帰ってきます。 ツバメの巣は壊さずに残していますので、おそらく同じであろうツバメが、同じ所に帰ってきているの…

続きを読むread more

インスタグラムを始めました

真福寺ではホームページの作成や、当ブログへの書き込みによってインターネット上の情報発信を続けてきました。 「諸行無常」すなわち、時代も常に移り変わるもので、インターネット上のツールも続々と新しいものに更新されていきます。 そこで、今度はインスタグラム(instagram)を始めることにしました。 <真福寺のインスタ…

続きを読むread more

新しいお経の本

愛知県の緊急事態宣言は2月中に解除される方向となりましたが、新型コロナウイルスが完全に消えたわけではありませんので、まだまだ感染には気を付けていきたい所です。 さて、真福寺では法事の時に檀家さんも一緒になってお経をお唱えしてもらっています。 コロナ禍以前は「本」を使い回していましたが、感染対策としてしばらく中止していました。…

続きを読むread more

涅槃会供養を厳修しました

本日、涅槃会<ねはんえ>供養を厳修しました。 <真福寺の「涅槃図」(ねはんず)> 涅槃会<ねはんえ>とは、仏教を開かれた「お釈迦<しゃか>さま」のご命日をご供養する特別な法要です。 「涅槃図」<ねはんず>という、お釈迦さまの亡くなる瞬間の姿を描いた、特別な掛け軸を飾ってご供養の読経をします。 2500年以上も…

続きを読むread more

年末年始は地元のお寺で

寒さがいよいよ厳しくなり、冬本番となってきました。 <真福寺の鐘> 今年の一年間は、コロナ関連で過ぎてしまいました。 まだまだ感染は拡がっているようで、油断できない日が続きます。 さて、例年の初詣は、有名な神社仏閣に人が集まり、大変な混雑となっていましたが、今年は感染防止のために自粛しなければいけません。 …

続きを読むread more

令和3年(来年)の「年忌」の繰り出し

朝晩は冷え込みが強くなり、いよいよ冬らしくなってきました。 そして、年末も近付いてきています。 本堂で貼り出している「年忌」の繰り出しを更新しました。 <令和3年の「年忌」の繰り出しです> 令和3年中に法事をしていただく戒名を、本堂に掲示しています。 また、檀家の皆様には郵送でもご案内をしています。 …

続きを読むread more

托鉢を行いました

昨日、青年僧の会の活動として、春日井市気噴町の蓮蔵院様の周辺で托鉢を行いました。 <中日新聞に紹介されました> 蓮蔵院様はJR神領駅と高蔵寺駅の間にあるお寺ですので、会員が2班に分かれ、お寺~神領駅とお寺~高蔵寺駅までを、それぞれ歩いて回りました。 この様子が、本日、12月2日の中日新聞・朝刊「近郊版」で紹介されて…

続きを読むread more

【おてらおやつクラブ】お米とお供物を寄付しました

「おてらおやつクラブ」の活動として、お米60kgと、お供物の一部を寄付いたしました。 <お米を寄付しました> いつも「おてらおやつクラブのために」と、お米を寄付してくださる檀家さんがいます。 また、おてらおやつクラブの子供さん用にと、スナック菓子やゼリーを用意してくださる檀家さんもいて、大変ありがたい限りです。 …

続きを読むread more

【予定変更】宝物展の中止

11月7日(土)~8日(日)に開催を予定していました、宝物展<前期>を中止といたします。 寺院での葬儀が入りましたので、そちらの方を優先させていただきます。 11月14日(土)~15日(日)の宝物展は開催いたしますので、ぜひそちらの方に足を運んでくだされば幸いです。 また、本尊・観音三尊像の御開帳も、7日(土)…

続きを読むread more

茶道教室、開炉(炉開き)

今日は毎週月曜日の茶道教室でした。 肌寒い気候となり、温かいお抹茶がとても美味しく感じられます。 11月から、茶道では風炉から炉のお点前に切り替わります。 <炉のお点前> 「炉」の最初のお点前は「開炉」(炉開き)と呼ばれ、夏の間は畳の下に隠されていた炉を、開ける時です。 炉になることで、お客様に「火」が…

続きを読むread more