2018年04月24日

【おてらおやつクラブ】お供物を寄附しました

おてらおやつクラブ.png
~真福寺はおてらおやつクラブに協力しています~

本日、真福寺へのお供物の一部を「おてらおやつクラブ」の活動として、母子家庭を支援する福祉団体へ寄附いたしました。こちらの団体さまから、子供たちへ配布してもらっています。

先日、真福寺では「弘法さま」の行事がありました。この行事では、弘法さまにお菓子をお供えし、お下がりとして子供さんを中心にお菓子を渡します。

「おてらおやつクラブ」という活動が有名になる前から、このようにお供えのお菓子を配布することは当然のように行われてきました。しかしながら、最近ではお参りに来られる子供さんはとても少ないものですから、お寺の関係だけでは配りきることが難しくなりました。

お菓子で子供さんとお寺とのご縁を結ぶ、ということを現在では「おてらおやつクラブ」を通じて行っているのです。

DSC_1878.JPG
(弘法さまのお供物の一部も寄附いたしました)

今回は、弘法さまへのお供えのお菓子が沢山集まりましたので、段ボール2箱分くらいのお菓子を寄附することができました。どうもありがとうございました。 合掌
posted by 住職 at 21:07| 愛知 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

霊苑の緑地管理を行っています

今日も気温が上がり、4月にも関わらず夏日となりました。気温差が激しいですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

下末霊苑は昨年にトイレの改修もしましたし、最近は境内の整備により力を入れています。

下末霊苑のシンボルツリーでもある大きな木は「センダンの木」(栴檀)と言いまして、霊苑全体の改修工事が行われるずっと以前から存在する老木です。

今日はこのセンダンの木の剪定作業を涼陽園さんにお願いしました。

DSC_1861.JPG
(センダンの木の剪定作業)

この大木の一番太い幹は、大人1人が手を回せないほどの太さですから、庭師さんも今日は4人がかりで作業してもらいました。高所作業車を使い、高い所にある太い枝も剪定していきました。

葉張りが大きくなることで木陰も大きくなりますが、萬霊塔や休憩所にも枝が重なるようになってきたので、思い切って木全体を小さくしてもらいました。

DSC_1863.JPG
(剪定されたセンダンの木)

「お墓参りをする」ということが「負担」ではなく「行きたくなるもの」であるように、こうした環境整備の面からも取り組んでいきたいと思っています。 合掌
posted by 住職 at 16:59| 愛知 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

弘法さま参りを行いました

今日の午前中は薄暗い曇天でしたが、真福寺では弘法さま参りを行いました。

DSC_1837.JPG
(集まった弘法さまとお菓子)

真福寺ではお寺に弘法さまを集める「寄せ弘法」(よせこうぼう)として弘法さまのご供養を行いました。

P1030989.JPG
(弘法さまにお参りをします)

この日は弘法さまにお供えしたお菓子を「お下がり」として参拝者の方に配布しました。弘法さまを持っている家の代表として高齢の方が中心でしたが、中には子どもさんの参拝もあり、お下がりのお菓子を喜んでもらえたようでした。

お年寄りの方のお話を聞くと、昔は子どもさんが何軒も弘法さまを回ってお菓子をもらっていたようですが、そうした光景も下末では見られなくなったようです。

そうした時代の変化もありますが、お子さんにも親しんでもらえるようなお寺づくりを考えていきたいと思います。 合掌
posted by 住職 at 16:32| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

今日は「花まつり」でした

今日、4月8日は、仏教の開祖であるお釈迦さまのお誕生日を祝う「花まつり」でした。

DSC_1825.JPG
(4月8日は「花まつり」)

真福寺では花まつりの行事はありませんが、ご真前に「甘茶」(あまちゃ)をお供えして読経のみ行いました。

この日は特別に甘茶をお供えするのですが、これはお釈迦さまの誕生を祝福するように天から「甘露」(かんろ)(甘い雨)が降ってきたという伝説に基づいたものです。

また、お釈迦さまは生まれてすぐに立ち上がって7歩進み、右手で天、左手で地を指差して「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげ、ゆいがどくそん)と唱えました。

_20180328_163215.JPG
(生まれたばかりのお釈迦さまの像)
(「誕生仏」たんじょうぶつ)

意味を誤解されやすいですが、自分独りだけが偉いという意味ではありません。この言葉は「広い世界で一人一人が各々に尊い存在である」という意味です。
お釈迦さまの誕生日を通じて、人間一人一人の命の尊さに気付く日でもあるのが「花まつり」なのです。  合掌
posted by 住職 at 19:16| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

植栽工事を行いました

4月なのに25℃以上にもなる夏日が続き、桜の花もすでに散ってしまいました。

このような熱い日にも関わらず、涼陽園の職人さんには植栽工事を頑張っていただきました。

まず、真福寺本堂の北側、去年までブロック塀があった場所に、槇の木で生垣を作ってもらいました。

_20180403_082748.JPG
(新しい生垣)

しばらく何も無い状態で開放的だったところに、整然と落ち着いた景観ができました。

また他にも苗木の植栽をしてもらいました。裏の駐車場には、紅梅、ハナミズキ、サンシュウユ、蝋梅、椿が増えました。

そして本堂正面には立派な松の木を植えてもらいました。

DSC_1813.JPG
(新しい松の木)

お寺の景観がガラッと変化し、荘厳で落ち着いた空間をお庭でも演出できるようになったと思います。

桜も花は散りましたが、若葉が芽吹き始めています。同様に新緑の季節に向けてどんどん植物の緑が濃くなっていきますので、こうした風景の変化も楽しんでいきたいですね。

ぜひ景観の変わった真福寺へお越しください。 合掌
posted by 住職 at 21:37| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

ツバメ初観測

天気の良い日が続き、春らしい陽気で気持ちも高まる今日この頃です。

真福寺には毎年必ずツバメがやってくるのですが、今年は早くももうツバメが飛んできました。

DSC_1779.JPG
(真福寺のツバメ初観測)

昨年は4月9日に初観測しており、なんと昨年より2週間も早いのです。

確かに例年になく気温の高い日が続いていますので、野生動物にとってはより敏感に感じることでしょう。一方で、今年も猛暑になることが懸念されており、異常気象にならないことを祈るばかりです。

さて、桜の花も気温を感じとり、各地のソメイヨシノも見頃までもう少しです。真福寺の桜の木は、一足早く満開を迎えそうです。桜も昨年より10日も早く見頃を迎えています。

DSC_1769.JPG

皆さんはお花見の予定は決まりましたか?ぜひ外に足を運んで季節を感じてみてください。 合掌
posted by 住職 at 21:45| 愛知 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

【お彼岸】お彼岸供養・法話会を厳修しました

本日、本堂にてお彼岸供養・法話を行い、その後、下末霊苑にて霊苑総供養を行いました。

あいにくの雨により気温はとても寒い一日となりましたが、足元が悪いにも関わらず30人以上の方に参加していただきました。ありがとうございました。

P1030880.JPG
(多くの方のご参加ありがとうございました)

地元の檀家さんが中心でしたが、中には名古屋の方の檀家さん、檀家でない方もご参加いただきました。様々な方に集まっていただきまして活気のある行事となりました。

法話では「食事五観文」というお経を紹介し、食事と禅の教えの関係についてお話しました。

食事五観文
一つには、功の多少を計り彼の来処を量る。
二つには、己が徳行の全闕と忖って供に応ず。
三つには、心を防ぎ過貧等を離るるを宗とす。
四つには、正に良薬を事とするは形枯を療ぜんが為なり。
五つには、道業を成ぜんが為にまさにこの食を受くべし。

禅の修行では、食事をいただく前に必ずお唱えするお経です。詳しい説明は省略しますが、食事のありがたみと、食事も修行の一部であることを確認する内容を説いたお経です。

こうした法話会に限らず、今後も機会があればお経の紹介や仏教についての説明などを行っていきたいと思います。 合掌
posted by 住職 at 20:25| 愛知 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

今週末に坐禅会が開催されます

だんだんと暖かくなってきましたが、今日のように雨も降って寒くなったりしながらも、少しずつ春に向かって近づいています。

霊苑.jpg

さて、本日は真福寺の下末霊苑を使用されている遠方の皆さんにご案内を発送しました。

当霊苑では、檀家でなくても宗派問わずご利用いただいていますが、墓地に参拝されるだけでなく真福寺の行事にも参加してもらいたいと考えています。

写経・坐禅は最近注目を集めていますが、実際に体験できる場所といえば限られています。せっかく真福寺とのご縁を活用していただき、写経会や坐禅会に気軽に参加してもらえればと思うばかりです。

繰り返しにはなりますが、宗派関係なく体験していただけるものですし、初体験であっても丁寧に説明しますのでお気軽にご参加ください。

今週末、3月11日(日)夕方4:00~6:00に坐禅会があります。

4:00開始でお勤め(読経)、坐禅の説明を行い、4:30ごろ~実際に坐禅をしていきます。長い時間をかけて坐禅をし続けるのではなく、15~20分ずつ区切って行います。

まずは話ばかりを聞くよりも、実際に体験してみませんか。参加費無料、申込不要ですので、多くの方のご参加をお待ちしています。 合掌
posted by 住職 at 21:16| 愛知 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

ブログ開設1周年ありがとうございます

にがおえnew.png

そういえば、2月10日をもって本ブログを開設して1周年になりました。

読者の皆さまのおかげさまでございます。いつも応援していただき、誠にありがとうございます。

どのような方々に見て頂けているのかは全く分からないのですが、毎日一定数のアクセスをいただいてますので本当に有難い限りです。今後もできるだけ更新していきたいと思います。

ブログの記事だけでなく、真福寺や仏教についてでも、コメントやお問い合わせをお待ちしています。読者の皆さんがどのようなことに興味を持たれているのか、教えて頂けるだけでも記事が書きやすくなります。

今後とも真福寺ブログをどうぞ宜しくお願い申し上げます。 合掌
posted by 住職 at 21:37| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

涅槃会供養を厳修しました

2月15日はお釈迦さまのご命日でしたが、特別なご供養をする法要を「涅槃会」<ねはんえ>と言います。本日、真福寺ではこの涅槃会のご供養を厳修いたしました。

P1020989.JPG
(真福寺の秘宝「涅槃図」)

写真にあるような、お釈迦さまの涅槃に入られる(ご臨終を迎える)様子を描いた絵を「涅槃図」<ねはんず>と言います。

今日は最初にこの「涅槃図」について説明をし、参列者の方々には近くで鑑賞をしながらお焼香をしていただきました。

P1030873.JPG
(涅槃図に向かって参拝しています)

たくさんの智恵を身に付けた偉大なるお釈迦さまであっても、どんな人間であっても生きている以上は、いつかは必ず死を迎えます。「諸行無常」(すべてのことには必ず終わりが訪れる)という世界の真理を、お釈迦さまが自身の死をもって説かれたのです。

諸行無常と言っても、決して人生に悲観するべきではありません。最も大切なことは、いま生きている命をまっとうして「生かす」ことにあります。仏教は、今の生活をより良く過ごすための智恵なのです。 合掌
posted by 住職 at 21:09| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする