5月の一句②

IMG-1159.jpg

5月後半の一句は「事が延びれば、尾鰭(おひれ)が付く」です。

新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、状況は悪化していく一方のようです。

古来から伝わる「ことわざ」はまさに、現代でも通用する真理のように感じます。

なるべく早い段階で対処しておかないと、ズルズルと引っ張られてしまい、事態が広がってしまいます。

コロナウイルス関連でも然り、人間関係でも然り、勉強やスポーツでも然り。

何か、つまづく事に出会った場合には、早目に対処するのが得策です。

人間は賢いので、つい先を読みすぎて、足元がおろそかになってしまうこともあります。

大切なのは「今」に集中することです。

川の堤防が決壊したら、「今」できる補修をし、決壊が広がらないように食い止めることは、大切な知恵であります。


~5月の行事案内~

【坐禅会】<毎月開催>
5月23日(日)
午後3:00~5:00
(2:50集合)
・参加費無料、申込不要です。
・檀家でなくても誰でも参加できます。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・足を組めない方は「イス坐禅」
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。


※各行事、新型コロナウイルス感染対策を徹底した上で、予定通り開催いたします。

※行事の開催に変更がある場合は、ホームページ上で告知いたします。


緊急事態宣言下ですので、どうぞ気を引き締めてよろしくお願いいたします。 合掌

この記事へのコメント