成道会<じょうどうえ>を厳修しました

おだやかな気候が続きましたが、今日はぐっと冷え込んで北風も強く、いよいよ冬らしくきました。

_20171029_201446.JPG
(単布団<たんぶとん>と言う、坐禅専用の座布団です。)

今日、12月8日は「成道会」<じょうどうえ>という行事を厳修する日です。

成道<じょうどう>は、お釈迦さまが仏道を成し遂げられた、すなわち悟りを開かれたという意味です。

この日は仏教にとってとても大切な意味を持ちます。

禅の修行道場では、毎年12月1日~8日までの8日間に「臘八大摂心」<ろうはつおおぜっしん>という坐禅修行を行います。

8日間ひたすら修行に打ち込み、ろくに睡眠時間を確保できずに坐禅を続ける「雲水の命とり」とも言われる厳しい修行です。

この修行はお釈迦さまがちょうど1週間の坐禅修行を続け、12月8日の夜明けに「成道」された、という伝説を踏襲して行われる修行です。

坐禅をして悟りを開かれたからこそ、釈迦如来(お釈迦さま)のお仏像は坐禅をした姿を刻まれているのです。

そんな皆様も、初心者の方でも、ぜひ一度は坐禅に挑戦してみてはいかがでしょうか。

明日は毎月の坐禅会をします。よろしくお願いいたします。 合掌

この記事へのコメント