【今月の予定】12月の一句①

吉縁会のせいでしばらく更新が滞ってしまい申し訳ございませんでした。

_20181201_112123.JPG

12月前半の一句は「蝸牛<かぎゅう>角上<かくじょう>に何事をか争う」です。

早いものでアッと言う間に一年も終わりとなってしまいます。

蝸牛<かぎゅう>とは、かたつむり。蝸牛の角の上ほどの非常に小さい所で、何を争うのか、という意味です。

この一句はある漢詩の一部を引用しました。

蝸牛角上争何事(蝸牛角上に何事をか争う)
石火光中寄此身(石火光中、この身を寄す)
随富随貧且歓楽(富にしたがい貧にしたがい、しばらく歓楽せん)
不開口笑是癡人(口を開いて笑わざるは、これ癡人)

蝸牛の角の上ほどの非常に小さい所で、何を争うのか。
火打ち石の火花が散るように、この身ははかないものだ。
富んでも貧しくても、それなりに人生を楽しもう。
大口を開いて笑えないようでは、物事を深刻に考えすぎる馬鹿者だ。

人生は、はかないものだから、精一杯楽しもうということを見事に表現されています。

この2018年はどんな年だったでしょう。短いあと1ヶ月でも笑って過ごせると良いですね。


~12月の行事案内~

【坐禅会】<毎月開催>
12月9日(日)
夕方4:00~6:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。

【お供物受付】
12月29日~31日
・鏡餅、餅米、お菓子などのお供物ください。
・本堂開放ですのでご自由にご参拝ください。

【除夜の鐘つき】
大晦日12月31日
23:30~24:30
・どなたでもお越しください。
・参拝者の方が鐘をつきます。
・108回つくと終了ですからお早めにお越しください。

今月もよろしくお願いいたします。 合掌

この記事へのコメント