11月の一句②

_20181114_203001.JPG

11月前半の一句は「外からの恵み、内からの努力」です。

何の事かというと、「精進<しょうじん>する」ということの意味です。

例えば、みかんジュースを売る営業マンがいたとして、朝から晩までとても頑張って働き、営業成績が一番となって上の階級に昇進したとします。

さて、この人の残した結果が、この人「だけ」の頑張りであると思っているならば、「精進」とは言えません。

そもそも、みかんジュースを作る生産者、そしてみかんジュースを買ってくれる人がいるからこそ、営業マンが存在します。

会社の中で働いている以上、もらえるお給料は自分が稼いだ分だけでなく、仲間の営業マンが稼いだ分も含まれています。

何より、朝から晩まで働くためのエネルギーは食事から取り込みますので、食材を作る人・調理する人がいないと、飢え死にしてしまいます。

簡単な例でも、これだけの「外からの恵み」があるからこそ、昇級してお金がもらえるのです。決して自分一人だけでは成り立たないことを忘れてはいけません。

そして「内側」すなわち「心の中」で、みかんジュースとお客さんを大切に思う気持ちがあるから努力することができるのです。

外部からの恩恵に感謝し、自分の気持ちを成長させることを意味するのが「精進」です。


~11月の行事案内~

<観音さま縁日>
参加費無料・申込不要です

【秘仏・観音三尊の御開帳】
11月18日まで開催中
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

【宝物展】
11月18日まで開催中
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

宝物展は、展示品を入れ替え、後期に入っています。一度ご覧になった方もぜひまたお越しください。 合掌

この記事へのコメント