【観音さま】観音さま供養を厳修しました

本日、「観音さま縁日」として、ご本尊さまである「観世音菩薩」<かんぜおんぼさつ>(=観音さま)<かんのんさま>のご供養を行いました。

多くの方にご参拝いただきまして誠にありがとうございました。

DSC_2426.JPG
(仏像が年に一度限定で御開帳されます)

真福寺では「観音三尊」として、聖<しょう>観世音菩薩・不動明王<ふどうみょうおう>・毘沙門天<びしゃもんてん>の三体セットという、珍しい祀り方をされています。

聖観世音菩薩は真福寺が創建される前から存在されると伝えられるため、大変に歴史を感じさせるお仏像です。また、不動明王と毘沙門天は昨年に修繕を行ったばかりですから、ピカピカに綺麗な状態です。

そんな観音三尊さまのご供養として、観音さまの功徳が書かれた「世尊偈」と「延命十句観音経」というお経をお唱えしました。

今日から一週間は「観音三尊御開帳」<ごかいちょう>として、普段は扉が閉じられた仏像を、年に一度の限定公開いたします。

合わせて「宝物展」<ほうもつてん>も開催しています。

ただし、住職が法務で不在の場合は、ご覧いただけませんのでご了承ください。あらかじめ電話で確認いただけると住職が解説しながら案内いたします。

この特別な縁日に真福寺へぜひ足を運んでいただければ幸いです。 合掌

この記事へのコメント