大須商店街で托鉢<たくはつ>を行いました

本日、だるまの会の活動として、大須商店街にて托鉢<たくはつ>を行いました。

DSC_2408.JPG
(大須商店街での托鉢)

平日の午前中ということもあって、商店街の人通りは少なめでした。

やはり大須の地元の方を含め、大須観音などに訪れる方でも托鉢に対して反応がなく、今日はほとんど浄財が集まりませんでした。

托鉢が浸透するほど活動できていないことは事実ですが、托鉢が一種のパフォーマンス(見世物)のように見られているようでは本来の趣旨とは離れてきます。

商店街に外国人の方も多くいらっしゃり、珍しそうな顔をして和尚たちを見ていましたが、日本人の方でもあまり変わらないような反応に感じられました。

仏教の修行というもの、そして托鉢の功徳を知ってもらえるように、より工夫して活動していきたいと思いました。

来月も托鉢がありますが、もし皆さんが托鉢を見かけたら、ぜひ怖がることなく近付いてきてください。

浄財は10円でも1円でも構いませんから、何かしらのご協力をいただければ幸いです。

托鉢する和尚の修行でもあり、喜捨(ご寄進)をする一般の方の功徳にもなる、お互いが両得な活動であることを広く知っていただければと思います 合掌

この記事へのコメント