【おてらおやつクラブ】お供物を寄附しました

一年でも最も忙しいお盆の行事が終わって、真福寺は一段落ついているところです。

お盆の間には檀家さんがそれぞれのご先祖さまの為に、お菓子(せんべい・洋菓子・ゼリーなど)や素麺・冷や麦、焼のりやお米など、思い思いのお供物をお供えされました。

そのお供物の一部を「おてらおやつクラブ」に寄附いたしました。

DSC_2176.JPG
(お供物の一部を寄附いたしました)


たくさんのお菓子が集まってくる一方で、お寺の家族で食べたりお客様へのお茶菓子だけではどうしても食べきれない量のお菓子が集まってしまうのも現実です。

そこで、真福寺では「おてらおやつクラブ」という活動を通じて、主に母子家庭などで苦労されている子どもたちへ、お寺に集まったお菓子の一部を届けさせて頂いています。

一方ではたくさん集まり過ぎるものがあり、一方では充分に足りていないところがある、という不均衡を上手にバランスをとるというのが「おてらおやつクラブ」の強みです。

こうのような活動のように、時代の流れと共にお寺の役割も変化していることをぜひ知っていただけたら幸いです。


「おてらおやつクラブ」の活動を知ってもらうために、
ホームページもぜひご覧ください。
おてらおやつクラブ.png
「おてらおやつクラブ」ホームページ


ぜひ今後ともご協力をお願いいたします。 合掌

この記事へのコメント