お盆の準備をしています

連日の猛暑日続きで、体力もどんどん奪われているような気がします。そんな時でも、落ち着いて、心のゆとりを忘れないようにしたいですね。

お寺にとってお盆が一大行事ですので、お盆に向けた準備を進めています。

具体的には、8月10日には全ての檀家さんが集まる「お施餓鬼」<せがき>がありますので、その時にお渡しするお塔婆<とうば>や施餓鬼旗<せがきばた>を用意します。

_20180719_201949.JPG
(お盆にお渡しするお塔婆<とうば>)

お塔婆は2尺(60cm)~4尺(120cm)のものを使い、檀家さんからお塔婆に書く戒名を申し込んでもらいますので、1本ずつ筆で書いていきます。

真福寺も大きいお寺ではありませんので、お盆に用意するお塔婆は約200本です。よく「大変ですね」と心配されますが、お塔婆を書くことにもすっかり慣れていますので、黙々と集中して書き続けるだけです。

この夏のお塔婆も9割以上が書き終わりました。檀家さんでまだ申し込んでいない方がいましたら、早急にお願いします。7月31日が最終締め切りとなります。

また、境内や霊苑の除草作業も進めています。この酷暑ですが、雑草は次から次へと生えてきますので、負けないように頑張っています。

お寺に一番多く人が集まる時期ですから、来てくださった人がまた来たいと思える環境作りも大切なことです。

さて、猛暑日の終わりの見えない今年の夏ですが、本当に体調管理を第一に、くれぐれも熱中症にならないようお気を付けください。 合掌

この記事へのコメント