本を寄付して頂きました

先日、真福寺の本堂に新しく「真福寺文庫」を設置したというお知らせをいたしました。

早速反響がありまして、今日は地元の檀家さんから真福寺文庫に協力したいということで、相田みつをさんの詩集を寄付して頂きました。誠にありがとうございました。

_20180627_193931.JPG
(相田みつをさんの詩集より)

相田みつをさんの詩集は、やさしい言葉でも私たちの心の深い所に響くような不思議な味わいがあります。「人間だもの」という言葉に代表されるように、「人生」をテーマにしているものが多いです。

真福寺文庫でも仏教に関連して「人生」や「生命」をテーマにしていますので、まさに相応しい本を寄贈してくださいました。

このように、お寺への本をいつでも受け付けています。「終活」として古い本を整理したり、お葬式の後に故人の遺品を整理する中で、不要な本がありましたらぜひお寺へお持ちください。

どんな本でも構いませんし、持ち込んでくだされば真福寺文庫だけでなく「古本勧進」<ふるほんかんじん>という活動に役立てることもできます。

おてらおやつクラブ「古本勧進」について

おてらおやつクラブの活動の一部で、古い本を集めて売ることで、その収益をおてらおやつクラブの寄附金として役立てようというものです。

詳細は真福寺までお問い合わせください。本を通じて、お寺とのまた新しいご縁を結ぶことができます。 合掌

この記事へのコメント