2018年04月14日

4月の一句②

_20180414_180008.JPG

4月後半の一句は「仏さま、いつもどこでも、見てござる」です。

子どもの躾(しつけ)として「神さまが見ているよ」「仏さまが見ているよ」という方便(ほうべん)(説得する手段)を使います。

自分の周りに誰も居なくても、まるで第3者が居るかのように正しい行動を取るようにという教え方です。しかし、大人にもなると神様や仏様は実際には存在しないことは自然と分かってきます。

では、「仏さま」とは何の事かというと、自分自身の内側にある「良心」や「善悪を判断する意志」のことです。

周囲に人がおらず、監視カメラが無いとしても、間違いなく自分自身の行いをその本人がよく見ています。自分の中の「仏の心」が、いつもどこでも自分の行動を確認しているのです。

臨済宗のお経で「衆生、本来仏なり」という言葉があります。これは、どんな人でも必ず「仏の心」を持っているという意味です。ただ、毎日の生活の中で忘れているか、気付かないだけです。

心を落ち着ける時間を持つことで、誰でも必ず、その仏の心に気付くことができるはずです。


~4月の行事案内~
【弘法さま縁日・写経会】
4月15日(日)
午前9:00~ 弘法さま参り
9:30~12:00 写経会

参加費無料、申込不要です。
檀家さん以外でもご参加いただけます。

当日9:00~12:00に参拝された方にはお菓子を配布します。
(お子さま歓迎です)

写経会では、写経用紙を100円~販売いたします。
筆ペンも貸し出しますので、お気軽にお越しください。


【小牧市仏教会 花まつり】
4月21日(土)午後3:00~
会場:小牧 玉林寺
参加費無料、申込不要。

お釈迦さまの誕生日をお祝いします。
マジック・大道芸もあります。
お子さまはお菓子がもらえるよ。


早速、明日は弘法さま参り・写経会となりますので、ぜひ多くの方に参加して頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 18:15| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください