2018年02月11日

陶小学校区の防災訓練が行われました

本日、小牧市勤労センターにおいて、陶小学校区の防災訓練がありました。上末・下末・高根の地域協議会の役員さんを中心とした地元住民、そして消防本部と消防団第4・5分団が参加して開催されました。

消防団員の活動として、放水訓練を行いました。実際の炎ではなく簡易的な的でしたが、ポンプ車からホースを引いて放水を行いました。放水は参加者のお子さんにも体験してもらい、消防の活動に少し触れてもらいました。

DSC_1727.JPG
(はしご車による救助訓練の様子)

また、消防本部のはしご車による救助訓練も行われ、本格的な車両を間近で見ることができ、参加者の方々も興味深く見ているようでした。

地域住民の方には、避難所設営の訓練として炊き出しの実演が行われ、温かい豚汁を食べさせて頂きました。避難所内もプライバシー保護の観点からパーテーションの設営方法など、すぐに役立つ知識も学ぶことができました。

最近では、南海トラフ地震の発生確率が高まっているという報道もありますが、心配ばかりして不安をあおっても仕方ありません。避難場所を確認するなど、防災対策を簡単なことから始めるだけでも、本当に災害が起きた時のパニックを和らげることができます。

そして、緊急時にはご近所関係で助け合うことが最も重要な時もありますので、こうして地元の方と意識を高める機会は大切なことだと思いました。

大災害への対策も重要ですが、最近は火災のニュースが多くなっていますので、火の用心にも日頃からご注意をお願いします。 合掌
posted by 住職 at 22:03| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください