2017年12月10日

【坐禅会】坐禅会を行いました

本日、坐禅会を行いました。冬至も近づいて日の長さがとても短いため、終了の6時にはすっかり周りが暗くなっていました。

今日の話題として「臘八大摂心」(ろうはつ・おおぜっしん)を紹介しました。「大摂心」(おおぜっしん)とは坐禅修行期間の呼び名で、特に12月1~8日の8日間の修行を「臘八」(ろうはつ)と言います。

この修行は、お釈迦さまが1週間の坐禅を経て12月8日にお悟りを開いたこと(成道<じょうどう>と言います)にあやかり、禅宗のお坊さんになるには必ず経験しなければならないものです。食事や読経の時間も含めて一日中坐禅をし続け、消灯後も横になれずに足を組んだまま眠るため「命取り」とも呼ばれる厳しい修行です。

この臘八・成道会(お釈迦さまのお悟り)の時期が近いこともあって、12月に坐禅会を設定しました。

_20171210_200207.JPG
(「臘」とは「臘月」すなわち12月を意味します)

今日の坐禅会は参加者6名で、うち2人が初めて参加して頂きました。初参加の方は「前から興味があって、挑戦してみたかった」と話して下さり、とても喜んで頂けたようです。

今年から初めた坐禅会ですが、好評をいただいているので今後も定期的に開催する予定です。初参加でも大丈夫ですし、ぜひ小学生くらいのお子さんのご参加をお待ちしています。

次の坐禅会は来年3月11日(日)夕方4時~6時の開催です。よろしくお願いします。 合掌
posted by 住職 at 21:03| 愛知 ☁| Comment(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください