平林寺に行ってきました

DSC_1544.JPG
(平林寺<へいりんじ>の本堂)
(埼玉県新座市の歴史ある名刹です。)

先日、臨済宗の僧堂<そうどう>(修業道場のこと)である平林寺の大接心<おおぜっしん>(坐禅修業のこと)に参加してきました。雨模様の肌寒い日でしたが、10人の雲水さん<うんすい>(修業僧のこと)に混ぜてもらい、坐禅に取り組ませて頂きました。

大接心では、一日を通して坐禅を続けます。接心でない僧堂生活もただでさえ大変なのに、大接心の期間中は坐禅の時間が大幅に増えます。また、睡眠時間も充分にとれない状態で、読経、老大師の法話、食事の時間でも足を組み続け、体力の限界まで自分を追い込みます。

修業とは、ただ苦しい環境に身を置けば良いのではありません。「大死一番、絶後に蘇る」と言いますが、自分の限界を越えた状況でこそ得られる体験があり、その体験が最も重要なのです。そして、修業に一緒に取り組む仲間がいてこそ、助け合い、指導し合いながら乗り越えることができます。

DSC_1551.JPG
(平林寺の禅堂<ぜんどう>。この中で坐禅を行います。)

坐禅をすることでしか得られない経験がありますので、できるだけ多くの人に挑戦してもらいたいと思う限りです。手前味噌ですが、真福寺において10月29日(日)午後4時~坐禅会を開催しますので、ぜひお越しください。

平林寺ですが、秋の紅葉が有名なお寺でもあります。これからの季節、ぜひ参拝されてはいかがでしょうか。

平林寺.JPG
平林寺HPへ移動する

引き続き真福寺もよろしくお願いします。 合掌

この記事へのコメント