【お彼岸】今日からお彼岸です

_20170920_175853.JPG
(霊苑に彼岸花が咲いています)

「暑さ寒さは彼岸まで」と言われるように、暑さが緩んできて過ごしやすい日が多くなってきました。

9月20日~26日は秋のお彼岸です。秋分の日である23日を「お中日」として、一週間のうちにお寺参りやお墓参りをすることで功徳を積みましょう、という仏道の実践期間のことです。

そもそも「彼岸」という言葉は「悟りの世界」という意味があります。此岸<しがん>(こちら側の岸)を生きている迷いの世界とし、その対照的な存在として、彼岸<ひがん>(彼方の岸)が悟りの世界とされています。

彼岸、すなわち涅槃の境地に到達できるのは、正しい努力をしてたくさんの功徳を積んだ人です。なので、お彼岸の行事とは、お盆だけでなく、春と秋にも欠かさず実践しましょうという意味があります。春と秋は気候も良いので、お寺参りやお墓参りをしやすい時期でもあります。

真福寺でのお彼岸の行事は、お中日の23日(秋分の日)に本堂で総供養・法話、下末霊苑にて総供養を行います。天気が心配ですが、ぜひ皆さまお越し下さい。

【お彼岸供養・法話会】
9月23日(土、秋分の日)
本堂にて午前9:00~、読経
      9:30~、法話
下末霊苑に移動して10:30~下末霊苑 総供養

本堂でのお彼岸供養は、新亡(2年以内にご逝去)の檀家さんはご参加をお願いします。また、宗派を問わずどなたでも参加して頂けますので、お気軽にお越し下さい。

そういえば、今月の一句を15日で変更することをすっかり忘れていました。明日、更新しますのでお待ち下さい。 合掌

この記事へのコメント