ツバメの子です

DSC_1168.JPG
(ツバメの子が顔を出しています)

真福寺に住んでいるツバメですが、現在はどうやら5組が生活しています。

上の写真は4日前に撮影したツバメの子の写真なのですが、なんと今日覗いてみたら既に居なくなっていました。あっという間に成長して飛び立ってしまったようです。

調べてみると、ツバメは卵から孵化したら約3週間(20日前後)で巣立つそうです。ツバメの子が巣から顔を出して親の運ぶエサを待つ姿が印象的ですが、その姿もわずか1週間くらいしか見られないものだとは。

さて、飛び立ったツバメの子ですが、自力でエサが取れるまで練習を重ね、一人前のツバメになったらまた産卵します。8月頃に渡りで飛び立つまでにもう2回りくらいは産卵すると思います。

ツバメは人間が好きで「人が集まる場所にツバメが巣をかける」とも言われています。真福寺が人にもツバメにも優しい場所であり続けたいと願い、精進していきたいと改めて感じました。

DSC_000001.JPG
(また別のツバメの家族です)

ツバメの見学だけでも歓迎です。お気軽に足を運んで頂ければと思います。 合掌

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック