花まつり(お釈迦さまの誕生日)

DSC_1069.JPG
(真福寺所蔵の『誕生仏像』)

今日、4月8日は「花まつり」と言い、お釈迦さまの誕生日を祝う記念日です。その誕生の瞬間には次のような伝説が語り継がれています・・・

お釈迦さまは生まれた直後にも関わらず、7歩進み、右手は空・左手は地面を指さして、「天上天下唯我独尊」と唱えたとされています。

「天上天下唯我独尊」とは、「天上界でも地上界でも(世界中のどこにおいても)、私自身の『命』というものは尊い存在なんだ」という意味です。自己中心的な意味の言葉として使われるのは誤りで、本来はお釈迦さまが『かけがえのない命』の尊さについて説かれた大事な仏教用語なのです。

また、お釈迦さまの誕生の時に空から甘露(甘い味のする雨)が降ってきたという伝説になぞらえて、花まつりの儀式には「甘茶(あまちゃ)」を誕生仏像(写真で紹介した仏像)に振りかけることを行います。

寺院ではそんなお釈迦さまをとても尊い存在として祀っていますので、「花まつり」は大切な記念日です。

真福寺では「花まつり」の行事は特にありませんが(今年も住職のみで儀式を行いましたが)、皆さんに広く知って頂けるようにしたいと思います。

4月16日には「弘法さま参り・写経会」がありますので、ぜひご参加をお待ちしています。 合掌

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック