お仏像を修繕に出しました

DSC_1043.JPG
(いつもの真福寺の本堂に見えますが・・・)
(ご本尊さまをお祀りする場所が空いています!)

この度、真福寺の釈迦如来像・不動明王像・毘沙門天像を修繕に出しました。この仏像は、真福寺の創建時から存在しますので、約380年の歴史があります。損傷がかなり激しい状態でしたので、今までは紫幕に隠されて安置していました。

P1020202.JPG
(損傷の激しい毘沙門天像)
(腕と光背(後光)が外れています)

真福寺はお仏像が留守の状態になってしまいますが、特に変わりはありません。たとえ仏像という「形に見えるもの」がなくとも、常に仏様は私たちを見守り続けて下さっています。「ほとけさま」とはそういう存在なのです。

せっかくの歴史ある仏像ですので、修繕して綺麗な姿になった折には、皆様に拝んで頂けるように公開するつもりです。修繕には3ヶ月程かかり、7月頃に公開する予定ですので、それまで楽しみに待っていて頂ければと思います。 合掌

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック