【お彼岸】今日からお彼岸です

DSC_1024 (1).jpg
(本堂にお彼岸団子をお供えしました)

3月17日~23日まで「お彼岸」です。毎年の春分の日を「お中日」として、一週間の間に仏教の実践に勤めましょうという期間です。

お彼岸には団子や牡丹餅をお供えするのが慣例となっていますが、実は何でも構いませんので、故人が好きだった食べ物を用意される方が心のこもった供養になると思います。(ただし、肉類・魚類はいけません。)

仏様にはいつも食べ物をお供えしますが、本当は食べられないのに何故そうするか疑問を持ったことはありませんか?

答えを簡単に言うと「私たちが生かされていることを確認するため」とされています。私達は食事を食べないと死んでしまうのは必然です。逆に、毎日の食事があるから、今日まで命を生きることができました。食事が手に入ることを当たり前と感じて意識せずに生きている私達に、その食事・命の大切さを気付かせて下さるのは仏様なのです。

食べ物を供養することは、「食事の大切さに感謝する」という仏教の教えを実践することに直結します。ぜひ、このお彼岸の機会に、お仏壇にお供物を用意して手を合わせてみませんか。

20日(祝)には10時~、本堂にてお彼岸法要を行いますので、こちらもご参拝下さい。 合掌

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック