茶道教室の生徒さんが増えました

ソメイヨシノの桜の満開も近付き、花景色のきれいな季節です。 さて、3月から茶道教室の生徒さんが1人増えました。 女性の方で、全くの初心者の方ですが、回数を重ねるごとに徐々にお茶室の雰囲気に慣れてきたようです。 真福寺の茶道教室では、外部から師範の先生に来ていただいて教えてもらっています。 住職も生徒の一人…

続きを読むread more

桜が見頃です

朝晩は冷え込みますが、昼間の陽差しはとても暖かい、春らしい陽気が続いています。 さて、真福寺の桜は満開となり、今が見頃です。 <真福寺の北側駐車場にある桜の木> 真福寺の桜の木はソメイヨシノではない品種で(具体的な種類までは分かりません)、周辺のソメイヨシノより1週間ほど早く満開となります。 この桜の花はピン…

続きを読むread more

【坐禅会】毎月の坐禅会を行いました

本日、毎月の坐禅会を行いました。 お彼岸の法話でも紹介しました「無事是貴人」<ぶじこれきにん>について、坐禅をすることでより実感が湧くのではないでしょうか。 「ありのまま」であるというのは、まず自分が決めている価値観を捨てることから始まります。 正しいこと・間違っていること、得すること・損すること、好き・嫌い、…

続きを読むread more

【お彼岸】お彼岸供養・法話会を厳修しました

本日、お彼岸のお中日ですので、お彼岸供養・法話会を厳修しました。 <お彼岸供養のようす> コロナウイルスの感染対策として、入口での消毒を行い、本堂は換気をしながら、また、イスの間隔を少し離すという 参拝者は約30人で、新亡(過去2年以内にご逝去された)霊位の檀家さんが半数くらい来てくださいました。 法話で…

続きを読むread more

【お彼岸】今日からお彼岸です

3月17日から3月23日までの1週間は、春のお彼岸になります。 お寺参りやお墓参りをして先祖代々のご供養する期間としてください。 <お彼岸の間は本堂を開放しています> お彼岸の期間中は本堂を開放していますので、ご自由にお寺へお入りいただけます。 本堂で先祖代々にお参りするもよし、静かに読書するもよし(マンガも…

続きを読むread more

生け垣を植え直しました

春は三寒四温と言いますが、暖かい日と寒い日の差が大きいですね。 さて、真福寺の北側ですが、2年前に「ラカンマキ」の生け垣を植えました。その年の猛暑の影響が大きく、残念ながら約半数が枯れてしまいましたが、今年になってようやく植え直すメドが立ちました。 <植木屋さんにラカンマキを植えてもらいました> 一度は青々と茂って…

続きを読むread more

3月の一句②

3月後半の一句は「ぼた餅や地蔵のひざも春の風」です。 今回は、俳人、小林一茶の俳句を引用しました。 道端にあるお地蔵さまの像の、ひざ元にぼた餅がお供えされていて、春の風が吹いている穏やかな光景であるという一句です。 来週には春のお彼岸となりますが、ぼた餅をお供えするのが定番です。 いつも同じように道端に立…

続きを読むread more

絵画を寄贈していただきました

この度、下末の水野康彦さんより、絵画を寄贈していただきました。 「晩秋の奥入瀬渓流」 <寄贈していただいた絵画> こちらの作品は、水野さんご本人が描かれたものです。 サイズも大きな作品で、縦95cm・横120cmもの大作です。 繊細なタッチで、見事な色遣いで魅了されてしまう作品です。 この作品は、令和…

続きを読むread more

【おてらおやつクラブ】果物を寄附しました

「おてらおやつクラブ」の活動として、近所の檀家さんから頂戴した「夏みかん」を寄附いたしました。 <箱一杯の、夏みかん> ひとつひとつがとても立派な夏みかんを、2箱分も頂戴しました。 くださった方が「おてらおやつクラブの子供さんに」と言って、収穫してくださったそうです。 こちらの夏みかんは、名古屋の「子ども食堂…

続きを読むread more

【今月の一句】3月の一句①

3月前半の一句は「失敗は、恥ではない」です。 新型コロナウイルスが猛威を振るっています。 初期の段階で感染対策を怠ったため影響が広がった、などの意見も聞かれますが、一度起きてしまった事は時間を巻き戻すことができません。 「失敗した」としても、肝心なのはその後に、どのような行動をとるかということです。 …

続きを読むread more