2018年04月24日

【おてらおやつクラブ】お供物を寄附しました

おてらおやつクラブ.png
~真福寺はおてらおやつクラブに協力しています~

本日、真福寺へのお供物の一部を「おてらおやつクラブ」の活動として、母子家庭を支援する福祉団体へ寄附いたしました。こちらの団体さまから、子供たちへ配布してもらっています。

先日、真福寺では「弘法さま」の行事がありました。この行事では、弘法さまにお菓子をお供えし、お下がりとして子供さんを中心にお菓子を渡します。

「おてらおやつクラブ」という活動が有名になる前から、このようにお供えのお菓子を配布することは当然のように行われてきました。しかしながら、最近ではお参りに来られる子供さんはとても少ないものですから、お寺の関係だけでは配りきることが難しくなりました。

お菓子で子供さんとお寺とのご縁を結ぶ、ということを現在では「おてらおやつクラブ」を通じて行っているのです。

DSC_1878.JPG
(弘法さまのお供物の一部も寄附いたしました)

今回は、弘法さまへのお供えのお菓子が沢山集まりましたので、段ボール2箱分くらいのお菓子を寄附することができました。どうもありがとうございました。 合掌
posted by 住職 at 21:07| 愛知 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

霊苑の緑地管理を行っています

今日も気温が上がり、4月にも関わらず夏日となりました。気温差が激しいですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

下末霊苑は昨年にトイレの改修もしましたし、最近は境内の整備により力を入れています。

下末霊苑のシンボルツリーでもある大きな木は「センダンの木」(栴檀)と言いまして、霊苑全体の改修工事が行われるずっと以前から存在する老木です。

今日はこのセンダンの木の剪定作業を涼陽園さんにお願いしました。

DSC_1861.JPG
(センダンの木の剪定作業)

この大木の一番太い幹は、大人1人が手を回せないほどの太さですから、庭師さんも今日は4人がかりで作業してもらいました。高所作業車を使い、高い所にある太い枝も剪定していきました。

葉張りが大きくなることで木陰も大きくなりますが、萬霊塔や休憩所にも枝が重なるようになってきたので、思い切って木全体を小さくしてもらいました。

DSC_1863.JPG
(剪定されたセンダンの木)

「お墓参りをする」ということが「負担」ではなく「行きたくなるもの」であるように、こうした環境整備の面からも取り組んでいきたいと思っています。 合掌
posted by 住職 at 16:59| 愛知 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

写経会を行いました

P1030992.JPG
(写経に取り組む参加者たち)

今日は弘法さま参りに引き続いて、写経会を行いました。初参加の方が何人も来てくださり、「良い体験ができた」というお言葉を頂戴しました。

次回の写経会の開催は、6月17日(日)になります。この日に限らず、いつでも写経用紙を販売していますし、本堂が空いていれば机と椅子を利用して取り組んでいただくこともできます。

写経用紙を納めた方にはご朱印もできますので、ぜひ挑戦してみてください。 合掌
posted by 住職 at 16:56| 愛知 ☁| Comment(0) | 写経会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘法さま参りを行いました

今日の午前中は薄暗い曇天でしたが、真福寺では弘法さま参りを行いました。

DSC_1837.JPG
(集まった弘法さまとお菓子)

真福寺ではお寺に弘法さまを集める「寄せ弘法」(よせこうぼう)として弘法さまのご供養を行いました。

P1030989.JPG
(弘法さまにお参りをします)

この日は弘法さまにお供えしたお菓子を「お下がり」として参拝者の方に配布しました。弘法さまを持っている家の代表として高齢の方が中心でしたが、中には子どもさんの参拝もあり、お下がりのお菓子を喜んでもらえたようでした。

お年寄りの方のお話を聞くと、昔は子どもさんが何軒も弘法さまを回ってお菓子をもらっていたようですが、そうした光景も下末では見られなくなったようです。

そうした時代の変化もありますが、お子さんにも親しんでもらえるようなお寺づくりを考えていきたいと思います。 合掌
posted by 住職 at 16:32| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

4月の一句②

_20180414_180008.JPG

4月後半の一句は「仏さま、いつもどこでも、見てござる」です。

子どもの躾(しつけ)として「神さまが見ているよ」「仏さまが見ているよ」という方便(ほうべん)(説得する手段)を使います。

自分の周りに誰も居なくても、まるで第3者が居るかのように正しい行動を取るようにという教え方です。しかし、大人にもなると神様や仏様は実際には存在しないことは自然と分かってきます。

では、「仏さま」とは何の事かというと、自分自身の内側にある「良心」や「善悪を判断する意志」のことです。

周囲に人がおらず、監視カメラが無いとしても、間違いなく自分自身の行いをその本人がよく見ています。自分の中の「仏の心」が、いつもどこでも自分の行動を確認しているのです。

臨済宗のお経で「衆生、本来仏なり」という言葉があります。これは、どんな人でも必ず「仏の心」を持っているという意味です。ただ、毎日の生活の中で忘れているか、気付かないだけです。

心を落ち着ける時間を持つことで、誰でも必ず、その仏の心に気付くことができるはずです。


~4月の行事案内~
【弘法さま縁日・写経会】
4月15日(日)
午前9:00~ 弘法さま参り
9:30~12:00 写経会

参加費無料、申込不要です。
檀家さん以外でもご参加いただけます。

当日9:00~12:00に参拝された方にはお菓子を配布します。
(お子さま歓迎です)

写経会では、写経用紙を100円~販売いたします。
筆ペンも貸し出しますので、お気軽にお越しください。


【小牧市仏教会 花まつり】
4月21日(土)午後3:00~
会場:小牧 玉林寺
参加費無料、申込不要。

お釈迦さまの誕生日をお祝いします。
マジック・大道芸もあります。
お子さまはお菓子がもらえるよ。


早速、明日は弘法さま参り・写経会となりますので、ぜひ多くの方に参加して頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 18:15| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

今日は「花まつり」でした

今日、4月8日は、仏教の開祖であるお釈迦さまのお誕生日を祝う「花まつり」でした。

DSC_1825.JPG
(4月8日は「花まつり」)

真福寺では花まつりの行事はありませんが、ご真前に「甘茶」(あまちゃ)をお供えして読経のみ行いました。

この日は特別に甘茶をお供えするのですが、これはお釈迦さまの誕生を祝福するように天から「甘露」(かんろ)(甘い雨)が降ってきたという伝説に基づいたものです。

また、お釈迦さまは生まれてすぐに立ち上がって7歩進み、右手で天、左手で地を指差して「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげ、ゆいがどくそん)と唱えました。

_20180328_163215.JPG
(生まれたばかりのお釈迦さまの像)
(「誕生仏」たんじょうぶつ)

意味を誤解されやすいですが、自分独りだけが偉いという意味ではありません。この言葉は「広い世界で一人一人が各々に尊い存在である」という意味です。
お釈迦さまの誕生日を通じて、人間一人一人の命の尊さに気付く日でもあるのが「花まつり」なのです。  合掌
posted by 住職 at 19:16| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

【真福寺便り】No.6(2018春)

真福寺便りNo.6(2018春)を発行しました。

下記リンクからPDF版をダウンロードすることができます。

にがおえnew.png
眞福寺便り6_2018春.pdf

購読希望の方には無料で郵送いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。檀家さんでなくても、より多くの方に真福寺のことを知って頂けたら幸いです。 合掌
posted by 住職 at 19:27| 愛知 ☁| Comment(0) | 真福寺便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

植栽工事を行いました

4月なのに25℃以上にもなる夏日が続き、桜の花もすでに散ってしまいました。

このような熱い日にも関わらず、涼陽園の職人さんには植栽工事を頑張っていただきました。

まず、真福寺本堂の北側、去年までブロック塀があった場所に、槇の木で生垣を作ってもらいました。

_20180403_082748.JPG
(新しい生垣)

しばらく何も無い状態で開放的だったところに、整然と落ち着いた景観ができました。

また他にも苗木の植栽をしてもらいました。裏の駐車場には、紅梅、ハナミズキ、サンシュウユ、蝋梅、椿が増えました。

そして本堂正面には立派な松の木を植えてもらいました。

DSC_1813.JPG
(新しい松の木)

お寺の景観がガラッと変化し、荘厳で落ち着いた空間をお庭でも演出できるようになったと思います。

桜も花は散りましたが、若葉が芽吹き始めています。同様に新緑の季節に向けてどんどん植物の緑が濃くなっていきますので、こうした風景の変化も楽しんでいきたいですね。

ぜひ景観の変わった真福寺へお越しください。 合掌
posted by 住職 at 21:37| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

【今月の予定】4月の一句①

_20180331_213558.JPG

4月前半の一句は「生まれを問うなかれ、行いを問え」です。

文字通りの意味で、出身地や親の職業・立場などで差別をせず、その人自身の行動によって評価しなさい、ということです。

仏教では偏見を持つことや、人種差別をひどく嫌います。これは宗教うんぬん以前に、人の道理として当たり前のことです。

時事ネタですが、「子どもが友達を作るのに、国境は関係無い」という考え方に対して、異論を唱えた国会議員がいるようです。(国境は存在するもので、お互いに国益を争う存在である、と考えているようです。)

確かに、子どもという立場では、出身地を気にせずに誰でも仲良くなります。だからといって、大人でも偏見や差別の眼を持たない限り、誰とでも仲良くなることは可能です。

差別的に他人を排するのは簡単です。そして、それを引き起こす要因は劣等感やエゴの塊でしかありません。

間違った情報でさえも入手しやすい現代だからこそ、わたしたち大人は正しい眼を持つ必要があります。目の前に立つ人を、潜入観で疑って見るのではなく、行動によって正しく評価する必要があります。

繰り返しになりますが、偏見や差別を無くしていくことは、決して宗教うんぬんの問題ではありません。


~4月の行事案内~
【弘法さま縁日・写経会】
4月15日(日)
午前9:00~ 弘法さま参り
9:30~12:00 写経会

参加費無料、申込不要です。
檀家さん以外でもご参加いただけます。

当日9:00~12:00に参拝された方にはお菓子を配布します。
(お子さま歓迎です)

写経会では、写経用紙を100円~販売いたします。
筆ペンも貸し出しますので、お気軽にお越しください。


【小牧市仏教会 花まつり】
4月21日(土)午後3:00~
会場:小牧 玉林寺
参加費無料、申込不要。

お釈迦さまの誕生日をお祝いします。
マジック・大道芸もあります。
お子さまはお菓子がもらえるよ。


今月もどうぞよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする