2017年03月27日

お仏像を修繕に出しました

DSC_1043.JPG
(いつもの真福寺の本堂に見えますが・・・)
(ご本尊さまをお祀りする場所が空いています!)

この度、真福寺の釈迦如来像・不動明王像・毘沙門天像を修繕に出しました。この仏像は、真福寺の創建時から存在しますので、約380年の歴史があります。損傷がかなり激しい状態でしたので、今までは紫幕に隠されて安置していました。

P1020202.JPG
(損傷の激しい毘沙門天像)
(腕と光背(後光)が外れています)

真福寺はお仏像が留守の状態になってしまいますが、特に変わりはありません。たとえ仏像という「形に見えるもの」がなくとも、常に仏様は私たちを見守り続けて下さっています。「ほとけさま」とはそういう存在なのです。

せっかくの歴史ある仏像ですので、修繕して綺麗な姿になった折には、皆様に拝んで頂けるように公開するつもりです。修繕には3ヶ月程かかり、7月頃に公開する予定ですので、それまで楽しみに待っていて頂ければと思います。 合掌
posted by 住職 at 11:21| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

【お彼岸】総供養・法話会を行いました

P1030111.JPG
(お彼岸総供養の様子)

今日はお彼岸のお中日ということで、本堂にて総供養のお勤めをした後、法話会、そして霊苑に移動して墓参りを行いました。本堂の方には36名のご参拝を頂きまして、誠にありがとうございました。

普段の法事の席では法話の時間までなかなか取れないものですから、こうした行事の機会に法話を聴いて頂けることは貴重なことです。

今日は「四苦八苦」をテーマにしましたが、どうしても難しい言葉が並んでしまい、うまく噛み砕いて説明できなかった箇所もあったかと思います。しかし、仏教は決して難しいことばかりではなく、私たちの生活を豊かにする教えが沢山ありますので、これに懲りずに、またぜひ法話会には足を運んで頂ければと思います。

また、住職もより研鑽を積みまして、うまく分かりやすく伝わる法話ができるよう精進したい次第です。ご意見や疑問点などもありましたら、とても参考になりますから、遠慮無く言って頂けると幸いです。

お寺としても皆さんが足を運びたくなる場所を提供できるよう、今後もこうした行事を続けていきますので、どうぞ宜しくお願いします。 合掌
posted by 住職 at 13:58| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | お彼岸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

【お彼岸】今日からお彼岸です

DSC_1024 (1).jpg
(本堂にお彼岸団子をお供えしました)

3月17日~23日まで「お彼岸」です。毎年の春分の日を「お中日」として、一週間の間に仏教の実践に勤めましょうという期間です。

お彼岸には団子や牡丹餅をお供えするのが慣例となっていますが、実は何でも構いませんので、故人が好きだった食べ物を用意される方が心のこもった供養になると思います。(ただし、肉類・魚類はいけません。)

仏様にはいつも食べ物をお供えしますが、本当は食べられないのに何故そうするか疑問を持ったことはありませんか?

答えを簡単に言うと「私たちが生かされていることを確認するため」とされています。私達は食事を食べないと死んでしまうのは必然です。逆に、毎日の食事があるから、今日まで命を生きることができました。食事が手に入ることを当たり前と感じて意識せずに生きている私達に、その食事・命の大切さを気付かせて下さるのは仏様なのです。

食べ物を供養することは、「食事の大切さに感謝する」という仏教の教えを実践することに直結します。ぜひ、このお彼岸の機会に、お仏壇にお供物を用意して手を合わせてみませんか。

20日(祝)には10時~、本堂にてお彼岸法要を行いますので、こちらもご参拝下さい。 合掌
posted by 住職 at 12:46| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お彼岸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

【今月の予定】3月になりました

_20170302_160518-01.jpg
3月の一句は「花は無心にして、蝶を招く」です。

この句は、ありのままの自然風景を表しているのですが、禅では「欲」に囚われることなく「自然のまま」である状態を理想とします。句の「無心にして」というのがポイントです。

自分自身を無理に着飾り、外面を良く見せることで他人を誘うことは可能です。しかしながら、無理をした状態では長く保ちません。むしろ素の状態でも現れる価値が魅力となって他人を引き寄せるということを、自然の理から学ぶことができるという意味の一句でした。


さて、3月17~23日はお彼岸です。お彼岸とは仏法の実践や先祖供養を奨励する期間で、簡単に言うならば、「お彼岸に功徳を積むと、良いことがある」ということです。

【3月の行事】
お彼岸 3月20日(春分の日)
    10:00~祠堂 総供養・法話会、本堂にて
    11:00~下末霊苑 総供養、下末霊苑にて
ぜひ皆さんでお参り下さい。

三寒四温、春らしい暖かい日が続いていますが、また週末には寒くなるようです。くれぐれも体調を崩されないようご自愛下さい。 合掌
posted by 住職 at 09:38| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする