2018年12月09日

【坐禅会】坐禅会を行いました

本日、坐禅会を行いました。

_20171029_201446.JPG
<終わる頃にはすっかり暗くなってしまいました>

今回も初参加の方が来てくださり、ありがたい限りです。

さて、慣れていない方だと、坐禅中に眠たくなることがあります。

疲れが溜まっていたり睡眠不足だと眠気を催すのは当たり前ですが、別の理由として「心が落ち着いているから」でもあります。

日常生活の中で落ち着く時間を全く確保できないと、睡眠時間くらいしか落ち着く時間がありません。「心が落ち着く=睡眠」という体になってしまっているのです。

決して坐禅でなくても構いませんから、少しずつの時間でも、何もせずに落ち着く時間を確保することはとても大切です。


【次回の坐禅会】
1/27(日)午後3:00~5:00。
参加費不要。
申込不要、当日に本堂へお越しください。
ジーパンなどではなく、伸縮しやすいジャージなど足を組みやすい服装が良いです。

来年から開始時間が「午後3時~」に変更いたします。

一度だけ参加したことがある方も、何回も取り組んでもらうことで効果が表われてきます。ぜひ懲りずにまたお越しください。

初心者、子どもさんでも大丈夫です。まずは挑戦してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 21:02| 愛知 ☁| Comment(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

たまり場参集殿(いきいきサロン)で交流しました

本日、下末区の「たまり場参集殿」(いきいきサロン)が開催され、そちらの方にお邪魔いたしました。

「たまり場参集殿」(いきいきサロン)とは、地域コミュニティー活性化のイベントで、毎月第2土曜日に開催されます。高齢の方が中心ですが、地域の方同士が気軽に参加して、おしゃべりしながら活動するというものです。

今日は、下末区の方からお願いされ、テーマを「お仏像の鑑賞方法」として短い時間ですがお話をさせていただきました。

P1040812.JPG
<下末区の皆さんとお仏像の鑑賞方法を学びました>

ただこちらから一方的に話しているだけでは退屈だろうと思い、クイズ形式にして参加者の方も考えながら説明していく方法をとりました。

例えば、仏さまは「如来」「菩薩」「明王」「天」の4種類に分けられるのですが、それがお仏像になったときに見分けるポイントなど、実際にお仏像を持ち込むことはできないので、お仏像の写真を使いながら解説しました。

大変好評だったようで、皆さんは飽きることなく最後まで話を聞いてくださったように思います。

また、真福寺の秘宝である「円空仏」も紹介し、普段は公開していないお仏像を特別に見てもらえるようにしました。

こちらも喜んでいただいたようで、「こんな貴重なお仏像があったとは知らなかった」という方ばかりでした。

地元の方との交流を通じて、地元のお寺に足を運んでいただいたり、仏教というものに興味を持ってもらえるような機会になったと思います。

真福寺は地元密着のお寺でありたいと思いますので、地域の行事・地域の人をこれからも大切にしていきたいと思うばかりです。 合掌
posted by 住職 at 21:02| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成道会<じょうどうえ>を厳修しました

おだやかな気候が続きましたが、今日はぐっと冷え込んで北風も強く、いよいよ冬らしくきました。

_20171029_201446.JPG
(単布団<たんぶとん>と言う、坐禅専用の座布団です。)

今日、12月8日は「成道会」<じょうどうえ>という行事を厳修する日です。

成道<じょうどう>は、お釈迦さまが仏道を成し遂げられた、すなわち悟りを開かれたという意味です。

この日は仏教にとってとても大切な意味を持ちます。

禅の修行道場では、毎年12月1日~8日までの8日間に「臘八大摂心」<ろうはつおおぜっしん>という坐禅修行を行います。

8日間ひたすら修行に打ち込み、ろくに睡眠時間を確保できずに坐禅を続ける「雲水の命とり」とも言われる厳しい修行です。

この修行はお釈迦さまがちょうど1週間の坐禅修行を続け、12月8日の夜明けに「成道」された、という伝説を踏襲して行われる修行です。

坐禅をして悟りを開かれたからこそ、釈迦如来(お釈迦さま)のお仏像は坐禅をした姿を刻まれているのです。

そんな皆様も、初心者の方でも、ぜひ一度は坐禅に挑戦してみてはいかがでしょうか。

明日は毎月の坐禅会をします。よろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 20:46| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

冬でも花盛りです

12月とは思えない暖かい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

この暖かさもあって、真福寺のサザンカの花は満開となっています。

DSC_2489.JPG
(サザンカの花が満開です)

真福寺で一番有名な木でもある、このサザンカですが、樹齢は100年以上とも言われています。

昔は真四角の垣根として剪定されていたようですが、現在は幹がよく見える盆栽のような形になっています。

形は変わっても、毎年の冬を迎えると変わらず満開の花を咲かせますので、地元の人にとっては愛着のある木でもあります。

また、庭の花壇の手入れもし、冬用の花に植え替えました。

DSC_2490.JPG
(花を植え替えた花壇)

今年の冬用の花壇はパンジーの花を多めに植え、カラフルで賑やかな印象を持たせるようにしました。

これから冬に向けてどんどん寒くなっていきますが、こうした花を見て参拝者の方が和んでいただければ何よりの幸せです。

どうぞ体調を崩されませんようご自愛ください。 合掌
posted by 住職 at 20:54| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

【今月の予定】12月の一句①

吉縁会のせいでしばらく更新が滞ってしまい申し訳ございませんでした。

_20181201_112123.JPG

12月前半の一句は「蝸牛<かぎゅう>角上<かくじょう>に何事をか争う」です。

早いものでアッと言う間に一年も終わりとなってしまいます。

蝸牛<かぎゅう>とは、かたつむり。蝸牛の角の上ほどの非常に小さい所で、何を争うのか、という意味です。

この一句はある漢詩の一部を引用しました。

蝸牛角上争何事(蝸牛角上に何事をか争う)
石火光中寄此身(石火光中、この身を寄す)
随富随貧且歓楽(富にしたがい貧にしたがい、しばらく歓楽せん)
不開口笑是癡人(口を開いて笑わざるは、これ癡人)

蝸牛の角の上ほどの非常に小さい所で、何を争うのか。
火打ち石の火花が散るように、この身ははかないものだ。
富んでも貧しくても、それなりに人生を楽しもう。
大口を開いて笑えないようでは、物事を深刻に考えすぎる馬鹿者だ。

人生は、はかないものだから、精一杯楽しもうということを見事に表現されています。

この2018年はどんな年だったでしょう。短いあと1ヶ月でも笑って過ごせると良いですね。


~12月の行事案内~

【坐禅会】<毎月開催>
12月9日(日)
夕方4:00~6:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。

【お供物受付】
12月29日~31日
・鏡餅、餅米、お菓子などのお供物ください。
・本堂開放ですのでご自由にご参拝ください。

【除夜の鐘つき】
大晦日12月31日
23:30~24:30
・どなたでもお越しください。
・参拝者の方が鐘をつきます。
・108回つくと終了ですからお早めにお越しください。

今月もよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 13:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

吉縁会の会場ではありません

12月1日(土)に開催される吉縁会の会場は「真福寺」ですが、

小牧市には真福寺が2ヶ寺ありますので間違えやすいです。

こちらの真福寺は吉縁会の会場ではありませんので、

参加者の方はお間違えないように、よくご確認をお願い申し上げます。

吉縁会の会場「真福寺」は以下の住所です。

小牧市久保一色新田屋敷3163-1

吉縁会の会場はこちら

もし参加者の方が当日に間違えられると大変です。どうか良い会になりますよう願っております。 合掌
posted by 住職 at 21:03| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

【観音さま】宝物展を開催しました

11月とは思えない暖かい気候の中で、今年も11月11日~18日に宝物展を開催しました。

DSC_000001.JPG
(宝物展を鑑賞される参拝者)

宝物というには大袈裟で、真福寺で保管している古い掛け軸を、虫干しも兼ねて広げている展覧会です。

どの掛け軸も骨董品としては値打ちが付かないものばかりですが、真福寺においては文化的・歴史的価値の高いものばかりです。

例えば、真福寺の第11世の和尚が自筆で描かれた掛け軸が残っています。

DSC_2436.JPG
(第11世の和尚の画)

当代では第14世にあたりますが、11世の和尚は明治~昭和初期に住職を務められました。

本当に繊細なタッチで、模様の細かい所まで丁寧に描かれています。字も達筆な方でしたので、立派な墨蹟も残っていました。

真福寺の中でこそ価値のある、小さな展覧会でした。毎年開催いたしますので、興味のある方はまた来年をお楽しみに。

また、秘仏の観音三尊像の御開帳も今日まででした。来年の御開帳までまたしばらくお待ちください。

次の大きな行事は年末年始となりますが、その間にもお気軽に真福寺へお越しください。 合掌
posted by 住職 at 21:19| 愛知 ☁| Comment(0) | 観音さま縁日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

11月の一句②

_20181114_203001.JPG

11月前半の一句は「外からの恵み、内からの努力」です。

何の事かというと、「精進<しょうじん>する」ということの意味です。

例えば、みかんジュースを売る営業マンがいたとして、朝から晩までとても頑張って働き、営業成績が一番となって上の階級に昇進したとします。

さて、この人の残した結果が、この人「だけ」の頑張りであると思っているならば、「精進」とは言えません。

そもそも、みかんジュースを作る生産者、そしてみかんジュースを買ってくれる人がいるからこそ、営業マンが存在します。

会社の中で働いている以上、もらえるお給料は自分が稼いだ分だけでなく、仲間の営業マンが稼いだ分も含まれています。

何より、朝から晩まで働くためのエネルギーは食事から取り込みますので、食材を作る人・調理する人がいないと、飢え死にしてしまいます。

簡単な例でも、これだけの「外からの恵み」があるからこそ、昇級してお金がもらえるのです。決して自分一人だけでは成り立たないことを忘れてはいけません。

そして「内側」すなわち「心の中」で、みかんジュースとお客さんを大切に思う気持ちがあるから努力することができるのです。

外部からの恩恵に感謝し、自分の気持ちを成長させることを意味するのが「精進」です。


~11月の行事案内~

<観音さま縁日>
参加費無料・申込不要です

【秘仏・観音三尊の御開帳】
11月18日まで開催中
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

【宝物展】
11月18日まで開催中
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

宝物展は、展示品を入れ替え、後期に入っています。一度ご覧になった方もぜひまたお越しください。 合掌
posted by 住職 at 21:03| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

花園会の地方大会が開催されました

本日、江南市民文化会館 小ホールを会場に、花園会<はなぞのかい>の地方大会が開催されました。

「花園会」とは妙心寺派の檀家さんを意味し、今日は檀家さんを対象とした、ご詠歌・読経・講演会・コンサート、と盛り沢山の内容でした。

開会式と読経には、犬山の瑞泉寺の住職でもある、妙心寺派の管長猊下のお越しいただき、導師を務めていただきました。

地方大会に妙心寺の管長猊下が地方大会にお越しになることは、きわめて珍しいです。これも今回の開催が江南市で行われ、犬山のお寺とも関係が深いことから実現したことです。

そして、基調講演として妙心寺から花園会会長の和尚様がお越しになり、法話をしていただきました。妙心寺そして花園会のテーマである「おかげさまの心」についてお話されました。

後半は、「コーラス・ユニット CoCoRoni<ココロニ>」のコンサートがありました。

_20181112_203336 (1).JPG
(CoCoRoni<ココロニ>のコンサートがありました)

親しみのある日本の童謡を中心に、美しい合唱でした。合唱曲というと難しいイメージがありましたが、誰もが口ずさめる歌ばかりでしたので、とても分かりやすく楽しめるコンサートでした。

また、最後には童謡「故郷」を観客の方も一緒になって大合唱をしました。

このように檀家の皆さんにお寺や仏教により親しんでもらえるようなイベントを定期的に開催しています。また機会がありましたら、ぜひご参加ください。 合掌
posted by 住職 at 20:50| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

【写経会】写経会を行いました

本日、観音さま供養に引き続いて、写経会を行いました。

_20171120_192821.JPG
(筆ペンでなぞる写経用紙です)

今日の写経会の参加者はリピーターの方ばかりで、集中した空気の中で、筆ペンをすらすらと進めていらっしゃいました。

途中で茶礼<されい>(お茶を飲む休憩時間)も設けましたが、慣れた方ばかりなので、おしゃべりにも華が咲いたようで和やかな雰囲気になりました。

近所の方でも集まって話す機会が少なくなっていますので、お寺を中心として「人が集う場所」を作ることは大切なことだと感じた瞬間でもありました。

【次回の写経会】
2/17(日)午前9:30~11:00。
参加費無料ですが、写経用紙の販売100円~
道具持参可、筆ペン無料貸出。

写経用紙を買うだけで、ご自宅で取り組んでも構いません。
ご朱印300円~(写経用紙を納めると無料)、ご朱印帳をお持ちください。

より多くの方に写経・仏教に親しんでいただければ幸いです。ぜひ挑戦してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 20:41| 愛知 ☁| Comment(0) | 写経会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【観音さま】観音さま供養を厳修しました

本日、「観音さま縁日」として、ご本尊さまである「観世音菩薩」<かんぜおんぼさつ>(=観音さま)<かんのんさま>のご供養を行いました。

多くの方にご参拝いただきまして誠にありがとうございました。

DSC_2426.JPG
(仏像が年に一度限定で御開帳されます)

真福寺では「観音三尊」として、聖<しょう>観世音菩薩・不動明王<ふどうみょうおう>・毘沙門天<びしゃもんてん>の三体セットという、珍しい祀り方をされています。

聖観世音菩薩は真福寺が創建される前から存在されると伝えられるため、大変に歴史を感じさせるお仏像です。また、不動明王と毘沙門天は昨年に修繕を行ったばかりですから、ピカピカに綺麗な状態です。

そんな観音三尊さまのご供養として、観音さまの功徳が書かれた「世尊偈」と「延命十句観音経」というお経をお唱えしました。

今日から一週間は「観音三尊御開帳」<ごかいちょう>として、普段は扉が閉じられた仏像を、年に一度の限定公開いたします。

合わせて「宝物展」<ほうもつてん>も開催しています。

ただし、住職が法務で不在の場合は、ご覧いただけませんのでご了承ください。あらかじめ電話で確認いただけると住職が解説しながら案内いたします。

この特別な縁日に真福寺へぜひ足を運んでいただければ幸いです。 合掌
posted by 住職 at 13:52| 愛知 ☀| Comment(0) | 観音さま縁日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

【坐禅会】坐禅会を行いました

本日、毎月の坐禅会を行いました。
_20180508_110059.JPG

お寺の都合により、前回から1週間での開催となったせいか、前回よりも参加者の方は少なくなりました。

来年の行事日程を調整しているところですが、坐禅会の開催についても上手く調整したいと思います。

坐禅の基本中の基本である「調身・調息・調心」<ちょうしん・ちょうそく・ちょうしん>は覚えてもらえたでしょうか?

毎回必ず、口を酸っぱくして説明していますが、これが正しくできるためには何回も坐禅に挑戦することです。

1回2回やってみても、すぐにはできないから取り組む価値があるとも言えます。

真福寺では毎月1回の開催ですが、懲りずに何回も足を運んでいただけたら幸いです。


【次回の坐禅会】
12/9(日)夕方4:00~6:00。
参加費不要。
申込不要、当日に本堂へお越しください。
ジーパンなどではなく、伸縮しやすいジャージなど足を組みやすい服装が良いです。

初心者、子どもさんでも大丈夫です。まずは挑戦してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 21:04| 愛知 ☁| Comment(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

篠岡地区の戦没者慰霊祭が厳修されました

本日、野口の関無院さんにて、篠岡地区の戦没者慰霊祭が厳修されました。

この法要は仏教会の関係の行事で、篠岡地域の寺院が宗派を超えて戦没者の供養を行います。

DSC_2416.JPG
(祭壇の中央には「戦没者之霊」が祀られます)

今年で戦後73年になり、参列されるご遺族の皆さんもかなり高齢化しています。

8月の終戦の日からは時期がずれますが、戦争について改めて考える良い機会となりました。

日本国内では自衛隊の役割が大きく変わろうとしていたり、ある先進国では他国を無視して自国の利益を優先したり、また発展途上国では紛争が続いていたりと、世界的に「平和」が不安定になりつつあります。

「平和」が当たり前になっている中でも、過去の大きな戦争の犠牲によって現在が成り立っていることを改めて気付き、行動につなげることが必要ではないでしょうか。

仏教の存在が、世界平和に少しでも影響を与えることができれば幸いです。 合掌
posted by 住職 at 20:55| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

【今月の予定】11月の一句①

_20181031_170819.JPG

11月前半の一句は「気は長く、心は丸く、腹立てず」です。

どこかしらで目にされたことがある方もいるのではないでしょうか。

私も祖父の家にこの格言が貼ってあったのを思い出しました。

誰が最初に言い始めたかは諸説あるようですが、似たような内容で2種類あるようです。

「気は長く、心は丸く、腹立てず、口つつしめば、命長かれ」

「気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく」

要するに、気長で温和に・謙虚に生きましょう、という内容の格言です。

「貪・瞋・癡」<とん・じん・ち>と言って、根本的な煩悩<ぼんのう>を「三毒」<さんどく>と言います。

貪<とん>は満ちることを知らない貪り<むさぼり>の心、瞋<じん>は怒りの感情、癡<ち>は嫉妬や妄想で自分をおとしめる愚かさ、というのが三毒です。

人生の中ではこうした悩みが尽きないもので、人間の性<さが>とも言えるでしょう。

この三毒とは真逆のように「気は長く、心は丸く、腹立てず、口をつつしんだり、他人をたてて自分は謙虚に」生きると楽になるのではないでしょうか。


~11月の行事案内~

【坐禅会】<毎月開催>
11月4日(日)
夕方4:00~6:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。


<観音さま縁日>
どの行事も参加費無料・申込不要です

【秘仏・観音三尊の御開帳】
11月11日~18日
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

【宝物展】
11月11日~18日
午前9時~午後4時
ご自由にご鑑賞ください

【観音さま供養】
11月11日(日)
午前9:00~9:30
どなたでもご参加できます

【写経会】
11月11日(日)
午前9:30~12:00
・参加費無料ですが写経用紙は別売(100円~)です。
・申込不要ですので当日に本堂へお越しください。
・筆ペンを無料で貸出。各自の書道用具を持込可能です。
・檀家さん以外でもご参加いただけます。

写経会では「ぬり絵」に挑戦していただくこともできます。


11月は真福寺のご本尊さまである観音さまの縁日です。真福寺で一番大きな行事になるように盛り上げていきたいと思いますので、皆さまぜひ足を運んでいただければ幸いです。

今月もよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

大須商店街で托鉢<たくはつ>を行いました

本日、だるまの会の活動として、大須商店街にて托鉢<たくはつ>を行いました。

DSC_2408.JPG
(大須商店街での托鉢)

平日の午前中ということもあって、商店街の人通りは少なめでした。

やはり大須の地元の方を含め、大須観音などに訪れる方でも托鉢に対して反応がなく、今日はほとんど浄財が集まりませんでした。

托鉢が浸透するほど活動できていないことは事実ですが、托鉢が一種のパフォーマンス(見世物)のように見られているようでは本来の趣旨とは離れてきます。

商店街に外国人の方も多くいらっしゃり、珍しそうな顔をして和尚たちを見ていましたが、日本人の方でもあまり変わらないような反応に感じられました。

仏教の修行というもの、そして托鉢の功徳を知ってもらえるように、より工夫して活動していきたいと思いました。

来月も托鉢がありますが、もし皆さんが托鉢を見かけたら、ぜひ怖がることなく近付いてきてください。

浄財は10円でも1円でも構いませんから、何かしらのご協力をいただければ幸いです。

托鉢する和尚の修行でもあり、喜捨(ご寄進)をする一般の方の功徳にもなる、お互いが両得な活動であることを広く知っていただければと思います 合掌
posted by 住職 at 20:44| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【坐禅会】坐禅会を行いました

去る10月28日、毎月の坐禅会を開催しました。

_20180508_110059.JPG

今回も初参加の方が来られましたので「調身・調息・調心」<ちょうしん・ちょうそく・ちょうしん>という基礎の話から始まり、坐禅の説明に時間をかけて行いました。

特に「調息」(深呼吸をすること)はスポーツや芸能にも通ずることです。

剣道・柔道・弓道・空手など武術では「息づかい」をコントロールすることで、自分の力を最大限に発揮することを目的とします。

また、歌唱・吹奏楽など音楽の分野でも、息づかい次第で歌声や楽器の音が大きく変わります。

このように、坐禅の基本となることが他の分野にも応用できるのです。決して難しいものではなく、誰でも取り組むことができて良い影響が表れるものですから、ぜひ多くの方に挑戦してもらいたい限りです。


【次回の坐禅会】
11/4(日)夕方4:00~6:00。
参加費不要。
申込不要、当日に本堂へお越しください。
ジーパンなどではなく、伸縮しやすいジャージなど足を組みやすい服装が良いです。

初心者、子どもさんでも大丈夫です。まずは挑戦してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 05:31| 愛知 ☀| Comment(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お寺でお葬式 相談会を開催しました

去る10月27~28日において、「お寺でお葬式」相談会を開催しました。

2日間で3組の方がご相談に来てくださり、皆さんとじっくりと相談させていただくことができました。

実際にイスを並べた本堂にて葬儀のイメージを持っていただいたり、一平のスタッフさんに見積もりを出してもらって葬儀費用の具体的なイメージを持っていただくことができました。

DSC_2401.JPG
(イスを並べた本堂)

真福寺での「お寺でお葬式」の強みは、檀家さんのご意向に合わせて自由な形で葬儀を行えることです。

和尚さんは何人呼ぶか?祭壇の飾りつけはどうするか?食事はどうするか?お香典・返礼品をどうするか?・・・などなど葬儀の時に決めるべき事はたくさんあります。

急にご不幸があると慌ててしまいますから、お葬式に関して少しでも知っていただくことがまずスタートラインでしょう。

また、相談者の中には、葬儀後の永代供養に関する相談もありました。

「永代供養」「墓じまい」「樹木葬」など、言葉ばかりで中身については理解していない用語もあると思います。そうした小さな疑問を解決することもお手伝いさせていただければと思います。

こうした相談は随時「なんでも相談会」として毎月1日・15日に開催していますので、気になる方はお問い合わせください。お寺でお葬式相談会も今後定期的に開催できればと思います。 合掌
posted by 住職 at 05:15| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

小牧市仏教会、大本山 妙心寺へ団体参拝

去る10月25~26日と、小牧市仏教会の檀信徒旅行がありました。

小牧市内の様々な宗派のお寺から檀信徒の参加者を募集し、お寺の和尚さんも合わせて176名の大団体で参拝・観光の研修旅行に行きました。真福寺からも3名が参加しました。

今回のメインは臨済宗の大本山 妙心寺で、まさに真福寺の本山に当たりますので、今回は住職も参加させていただきました。

DSC_2363.JPG
(妙心寺での法要)

妙心寺では、微妙殿<みみょうでん>での団体参拝法要を行い、法堂<はっとう>において日本一の「龍雲図」<りゅううんず>の鑑賞をしました。

本山の和尚さんの話に耳を傾けながら、直径12mもあるという迫力ある龍の図に圧倒されてしまいました。

また、その他に京都御所の見学や、大原の勝林院・三千院の拝観など、見どころ沢山の旅行となりました。

DSC_2384.JPG
(京都御所「御車寄せ」)

DSC_2378.JPG
(大原・三千院の庭園)

普段は立ち寄ることがない所を訪れ、ガイドさんの説明を聞いて見聞を広げるのがこうした旅行の醍醐味です。

また、一緒に回った他宗派の和尚さんや、他のお寺の檀家さんとも親睦を深めることができたことも良い経験となりました。

今回の旅行でご縁をいただいた皆様に感謝を申し上げるとともに、企画してくださった仏教会の役員の方にも厚くお礼を申し上げたい限りです。ありがとうございました。 合掌
posted by 住職 at 12:59| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

今週末は「お寺でお葬式相談会」

すっきりとした秋晴れの天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、真福寺では今週末に開催する「お寺でお葬式相談会」に向けて、会場の準備をしました。

葬儀会館の進出によって、近年ではご自宅やお寺でお葬式をされる方はほとんどありません。しかしながら、お寺でご供養をすることこそ仏教の本来の形であり、最も安心して故人を送り出すことができるのではないでしょうか。

今年の1月から「お寺でお葬式」の宣伝を初めましたが、檀家さんにとってはお寺でのお葬式をイメージし難いようですので、相談会を開催することにした次第です。

DSC_2353.JPG
(お葬式の際の本堂)

真福寺の本堂は最大100席まで可能で、使うスペースを調整できますから、小さな家族葬から大きな葬儀まで自由にアレンジできます。

なにより、高額な葬儀会館とは違い、寺院の施設使用料はいただきません。低料金で安心できる供養の形こそ「お寺でお葬式」です。

DSC_2360.JPG
(客間を親族の控室として利用できます)

詳細な説明をここでは省略しますので、気になる方はぜひ真福寺までお問い合わせください。

相談会は下記の通りですが、予約も埋まり始めていますので、お早めにご連絡ください。

【お寺でお葬式相談会】
10月27日(土)、10月28日(日)
両日とも、9時~、10時~、11時~、
     13時~、14時~、15時~
★各回1時間、1組限定の予約制
・参加費 無料(葬儀社の入会金もありません)
・予約方法 真福寺へ電話(0568-77-4744)
      または下記Googleフォーム
お問い合わせフォーム(Googleフォーム)

「お寺でお葬式」はHPでも紹介しています。
お寺でお葬式「真福寺葬」

どうぞよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 21:01| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

【おてらおやつクラブ】お供物を寄附しました

「おてらおやつクラブ」の活動として、名古屋の「こども食堂」さんにお供物を寄附いたしました。

「こども食堂」とは、主に貧困家庭や一人親家庭のこどもを対象に、栄養バランスの取れた食事を安価で提供する慈善活動のことです。

DSC_2342.JPG
(お供物の一部を寄附しました)

檀家さんに、このおてらおやつクラブのことが少しずつですが浸透してきたように思います。法事のお供物とは別に「おてらおやつクラブの子どもさん達へ」とスナック菓子を用意していくださる方もみえます。

また、「おてらおやつクラブで届けて欲しい」と、お米20kgを持ち込んでくださった檀家さんもみえました。

DSC_2339.JPG
(お米20kgを、こども食堂へ届けました)

今回はこども食堂さんへ届けさせていただきましたので、お米はとても重宝されると思います。こどもさん達が喜んでもらえる思うと、この上なく嬉しく思います。


「おてらおやつクラブ」の活動を知ってもらうために、
ホームページもぜひご覧ください。
おてらおやつクラブ.png
「おてらおやつクラブ」ホームページ


ぜひ今後ともご協力をお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 20:47| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする