2019年04月21日

【写経会】写経会を行いました

本日、弘法さま供養に引き続いて、写経会を行いました。

_20171120_192821.JPG
<筆ペンでなぞる写経用紙です>

弘法さまのお菓子をもらいに来る方もおられたりして、途中がやがやした時も有りましたが、集中して写経に取り組む時間を持つことができました。

今回もインターネットで検索して参加してくださった方がいました。

身近な場所のお寺でも、実は色々と工夫されたイベントをやられている所もあります。

そうした機会でお寺とのご縁を結んでいただけると嬉しく思います。

今日の写経会・弘法さまのお菓子を通じてご縁をいただいた皆さんに、またぜひ真福寺へ足を運んでもらえたらと願うばかりです。


【次回の写経会】
6/9(日)午前9:30~11:00。
参加費無料ですが、写経用紙の販売100円~
道具持参可、筆ペン無料貸出。

写経用紙を買うだけで、ご自宅で取り組んでも構いません。
ご朱印300円~(写経用紙を納めると無料)、ご朱印帳をお持ちください。

写経会は不定期開催ですが、坐禅会は毎月開催です。ぜひ挑戦してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 21:01| 愛知 | Comment(0) | 写経会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘法さま供養を厳修しました

真福寺では毎年4月の第3日曜日に「弘法さま」(弘法大師のご供養)を厳修しています。

DSC_1837.JPG
<弘法さまにお菓子をお供えします>

4月に行うのも、弘法大師のご命日が4月21日であるためです。

今年はちょうど日曜日と重なりましたので、祥当命日(ご命日の当日)に厳修することができました。

参拝者は地元の方が中心でしたが、中にはお菓子をもらうために子どもさんも数名来てくださいました。

子どもの間はお菓子をもらうことが第一目的ですが、だんだんお寺に参拝することの良さなども分かってもらえたらと願うばかりです。

弘法さまの行事は4月のみですが、真福寺はいつも弘法大師をお祀りしていますので、いつでも本堂に来ていただければ参拝していただけます。弘法さまの願掛けでもお気軽にお立ち寄りください。 合掌
posted by 住職 at 20:54| 愛知 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

ハナモモの木を植えました

暦の上では春ですが、強い陽差しは夏のようで暑いくらいの今日この頃です。

IMG00264_HDR_2.jpg
<ハナモモの木を寄贈していただきました>

先日、地元の檀家さんから「ハナモモ」の木を寄贈していただきました。

ハナモモは、桃のような実は付けませんが、桃のような花が4月頃に綺麗に咲く木です。

しかも、このハナモモは1本の中で紅白の2種類の花を咲かせるようです。

こちらの木は、茶室の庭に植えさせていただきました。

境内からよく見られる位置ではないので、探してもらわないと分かりにくいのですが・・・、お茶室を彩る花のひとつとして立派に育ってもらいたいと思います。

お茶室は庭も一体となって空間を演出します。お茶室の雰囲気を体験したい方はぜひご連絡ください。 合掌
posted by 住職 at 20:51| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

4月の一句②

IMG00258_2.jpg

4月後半の一句は「今が一番若い」です。

今月末でいよいよ平成時代が終わりとなり、5月からは「令和」の元号へ変わります。

テレビの特番では平成時代の振り返りが多く、こんな出来事もあったなあと、昔を懐かしく思います。

さて、こうしている間にも、刻一刻と時計の針は進んでいます。「今」の瞬間は待ってくれないのです。

「今」と言った、口が開いたこの瞬間こそが、一番最新であり、すぐ1秒後には次の「瞬間」になっています。

「若いころは良かった」「昔に戻りたい」・・・そんなことを言っていても、過ぎてしまった時間は決して取り戻すことはできません。

「今」この瞬間が一番若いのですから、今できることを今やる、これに尽きます。

過去の経験を生かすことは大切ですが、いつまでも過去ばかり思い出していても時間の無駄です。


【弘法さま供養】
4月21日(日)
午前9:00~9:30
弘法大師のご命日を供養する読経です。
各家の弘法さまをお寺へお持ちください。

★お菓子がもらえるよ!
 (9:00~12:00に本堂へ参拝された方全員にお菓子をお渡しします)

【写経会】<弘法さま供養に引き続き>
4月21日(日)
午前9:30~11:00
・参加費無料ですが写経用紙は別売(100円~)です。
・申込不要ですので当日に本堂へお越しください。
・筆ペンを無料で貸出。各自の書道用具を持込可能です。
・檀家さん以外でもご参加いただけます。


まだまだ朝晩が冷え込みますから、体調管理にはお気を付けください。 合掌
posted by 住職 at 20:55| 愛知 ☔| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【坐禅会】毎月の坐禅会を行いました

本日、毎月の坐禅会を行いました。

_20180508_110059.JPG

今回は全員がリピーターの方(お寺の総代さんを含む)でしたので、初心者向けではなく、少しレベルを上げた坐禅のお話をしました。

真福寺の坐禅会ではいつも決まったメニューではなく、参加者に合わせた内容で行っています。

初心者の方が多ければ基本的な説明を中心に、経験者の方が多いならば坐禅の時間を長くとったり、色々と工夫しています。

もちろんいつでも初めての方でも歓迎ですので、お気軽にお越しください。


【次回の坐禅会】
5/12(日)午後3:00~5:00。
参加費不要。
申込不要、当日に本堂へお越しください。
ジーパンなどではなく、伸縮しやすいジャージなど足を組みやすい服装が良いです。

初心者、子どもさんでも大丈夫です。まずは挑戦してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 20:39| 愛知 ☔| Comment(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

今日は「花まつり」

今日、4月8日は、仏教の開祖であるお釈迦さま(釈尊、ブッダ)のお誕生日である「花まつり」でした。

 DSC_1825.JPG

〈4月8日は「花まつり」〉

「4月8日は花まつり」と覚えていただけましたでしょうか?

そもそも家が仏教であっても「仏教を開いたのがお釈迦さま」ということを知らない人が多いそうです。

地味な行事ばかりで、宣伝が下手な仏教ですから、少しでも仏教の事が広まればと願うばかりです。

仏教は知らないことが多いからこそ、知れば知るほど面白いこともあります。

今月は坐禅会も写経会もありますので、こちらもよろしくお願いします。 合掌
posted by 住職 at 21:26| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

小牧市民茶会に参加しました

小牧市内では桜の花が満開で、また日中の気温も暖かくなり、絶好のお花見日和となりました。

そんな今日は、小牧市民茶会に参加いたしました。

IMG00257.jpg
<薄茶のお茶席>

市民茶会は小牧市茶道連盟の主催で、昨日・今日と開催されたものです。

会場は小牧山の青年の家にて、薄茶2席と点心<てんしん>(お昼ご飯)がありました。

普段のお茶のお稽古とは違う特別な席ですから、お道具も由緒のある名器を使ったり、趣向を凝らしたお点前を見ることができるのが醍醐味です。

場所の関係もあり、4月なのに風炉釜でのお点前でしたが、なんと江戸時代の唐銅<からがね>の釜を使われていたり、びっくりする道具を拝見することができました。


さて、小牧山は小牧市内の桜の名所の1つですが、今日はたくさんの花見客でにぎわっていました。

真福寺の近くでは、下末の天満天神社が隠れた名所です。

IMG00247_HDR.jpg
<下末の天満天神社>

こんなに立派な桜なのに、誰も花見の宴席を開いていません!

桜のシーズンも残りわずかですが、季節ならではの醍醐味を満喫したいものです。 合掌
posted by 住職 at 20:59| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

【真福寺便り】No.10(2019春)

真福寺便りNo.10(2019春)を発行しました。

檀家の皆さんには配布・郵送しています。

また、どなたでも下記リンクからPDF版をダウンロードすることができます。

にがおえnew.png
眞福寺便り10_2019春.pdf

檀家さんでなくても購読希望の方には無料で郵送いたします。

下記リンクよりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム
(Googleフォームに記入)


より多くの方に真福寺のことを知って頂けたら幸いです。

次回は6月中旬に発行予定です。 合掌
posted by 住職 at 20:31| 愛知 ☁| Comment(0) | 真福寺便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

【今月の予定】4月の一句①

IMG00251_2.jpg

4月前半の一句は「なぜ花は綺麗か、精いっぱい咲いているから」です。

桜の季節で、名古屋市内ではもうソメイヨシノが満開で、小牧の方は今週末ごろに満開になりそうです。

そんな花を愛でる季節ですが、なぜ花は綺麗なのかという禅問答のような一句です。

桜でも、梅でも、チューリップでも何でも良いのですが、花は季節になると自然と咲きます。

決してお金をもうけるためでもなく、誰かの注目を集めたいからでもありません。

ミツバチを集めて受粉の助けをしてもらう、という科学的な根拠はありますが、とにかく自然の摂理の中で生きている営みなのです。

植物は花を開くことで、自分の役割を命の限り果たしていることが尊いのです。

「禅」の考え方では、自然のままであることを尊重し、花など自然環境の中にお悟りを見つけることがあります。

一方で人間の営みはどうでしょうか。お金もうけのために自然環境を破壊したり、自己中心的な理由でだらだらとした生活を送っていたり、自然の中で役割を果たしていると言えるでしょうか。

人間は一人一人の個性が違うのだから、それぞれに役割が必ずあります。その役割をしっかりと果たし、社会の中で助け合って生きていくことが「おかげさま」の心であります。


~4月の行事予定~

【坐禅会】<毎月開催>
4月14日(日)
午後3:00~5:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。

【弘法さま供養】
4月21日(日)
午前9:00~9:30
弘法大師のご命日を供養する読経です。
各家の弘法さまをお寺へお持ちください。

★お菓子がもらえるよ!
 (9:00~12:00に本堂へ参拝された方全員にお菓子をお渡しします)


【写経会】<弘法さま供養に引き続き>
4月21日(日)
午前9:30~11:00
・参加費無料ですが写経用紙は別売(100円~)です。
・申込不要ですので当日に本堂へお越しください。
・筆ペンを無料で貸出。各自の書道用具を持込可能です。
・檀家さん以外でもご参加いただけます。


新年度もどうぞよろしくお願いします。 合掌
posted by 住職 at 09:27| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

茶道の体験講座

先日、茶道の体験講座のお申込みがありました。

檀家さんでない一般の方で、インターネットで検索して探してくださったそうです。

今回の方はご家族で、お父さん・お母さん・小学生の男の子2人で参加してくださいました。

下の男の子は幼稚園で茶道教室があったそうで、ご両親よりもお抹茶に詳しい様子でした。

茶道具.JPG
<お抹茶を飲むだけの「体験講座」もあります>

真福寺の茶道教室は2種類あります。

①茶道教室・・・師範の先生からお手前の仕方を教わります。

②体験講座・・・茶道の基本的な作法を学び、お抹茶を飲む方が中心。


今回のご家族は②の体験講座で、お茶席の入り方から始まり、お茶碗の扱い方を学びながら「薄茶」と「濃茶」の飲み比べをしてもらいました。

薄茶と濃茶は単純に濃度が違うだけではなく、茶葉の品種も変えてより味が引き立つようにお点前します。

そんな違いも感じてもらいながら、普段は飲み慣れないお抹茶に親しんでいただく講座でした。


このように「茶道には興味はあるが、難しそう」と感じる方に、まず一度、体験講座に来てもらえればと思います。

実際の体験をせずに、先入観で判断してしまうのは勿体ないことです。

ホームページでも紹介していますし、お問い合わせ・体験の予約もお気軽にどうぞ。

「真福寺ホームページ」へ移動
HPロゴ.png

体験予約フォーム
(Googleフォームに記入)

お問い合わせフォーム
(Googleフォームに記入)


茶道は難しいものではありません。ぜひ真福寺で本物の「茶道」を体感してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 21:03| 愛知 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

桜の花が満開です

陽差しが届かないと少し冷えますが、空気はすっかり穏やかな春の温もりを感じる今日この頃です。

さて、お彼岸の日にも紹介した真福寺の桜(本堂裏・北側駐車場)ですが、すっかり満開になりました。

この桜はソメイヨシノではないようで(詳しい品種はわかりません)、小牧市内のソメイヨシノよりもいち早く咲き誇っています。

IMG00229_HDR.jpg
<真福寺の桜の木(本堂裏・北側駐車場)>

一般的なソメイヨシノも本堂正面(南側)にありますが、こちらはまだ咲き始めたばかりです。

IMG00001_HDR_2.jpg
<真福寺のソメイヨシノ(本堂正面・南側)>

植物は季節を感じさせてくれ、私達の心を癒してくれます。そのような季節の植物に囲まれた、落ち着いた環境を作れたらいいなあと考えています。

4月から新しい年度になりますが、境内整備により力を入れ、訪れる人の印象に残るようなお寺を目指していきたいと思います。

寒い季節も終わりましたので、暖かくなるのに合わせて、本格的に活動していきたい次第です。 合掌
posted by 住職 at 20:41| 愛知 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

【お彼岸】お彼岸供養・法話会を厳修しました

本日、お彼岸のお中日の行事として、総供養・法話会を厳修いたしました。

開始の午前9時ごろは、あいにくの雨模様で足元が悪い中を集まっていただきましたが、終了する10時ごろには幸いにも雨が上がっていました。

新亡(過去2年以内にお葬式をされた)の檀家さんには参加を呼びかけていますが、新亡でない方も含め、多くの方にご参加をいただきましてありがとうございました。

P1040850.JPG
<お彼岸の供養に、多くの方にご参加いただきました>

今回は、法話の時間が少し長くなってしまったというのが反省点です。

だいたい9:30から始めましたが、話終わったのが10:10ごろで、少し長くて退屈さを感じさせてしまったようでした。

今後の課題として、話の要点をもっとまとめて、的確で分かりやすい法話を目指したい限りです。


さて、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、お彼岸の時期はちょうど季節の変わり目でもあります。

今年は特にこのお彼岸の時期が暖かかったので、季節が急に進んだように感じます。

というのも、真福寺の本堂裏にある桜の木はとっくに開花し、すでに2~3分咲きくらいの状態です。(この桜はソメイヨシノではなく、開花宣言よりも早い品種のようです。)

IMG00209_2.jpg
<すでに開花した真福寺の桜の木>

また、例年の風物詩である玄関のツバメも、すでに入り込んできています。

桜とツバメと、春の季節を一足先に告げてくれました。そんな真福寺に、ぜひ気軽に足を運んでいただればと思います。

お彼岸期間は24日までで、それまで本堂開放として、自由に本堂へ上がって参拝していただけます。こちらもぜひお越しください。 合掌
posted by 住職 at 20:55| 愛知 ☁| Comment(0) | お彼岸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

【お彼岸】今日からお彼岸です

今日から春のお彼岸に入りました。


「暑さ寒さは彼岸まで」とも言いますが、今朝はとても冷え込み、水鉢に薄い氷が張るほどの寒さでした。


お彼岸の期間、3月18日~24日は本堂を開放していますので、お気軽に真福寺へお越しください。

_20180920_091327.JPG
(お彼岸の間は本堂を開放しています)

本堂で先祖代々にお参りするもよし、静かに読書するもよし(マンガもありますよ)、思い思いの時間をお過ごしください。
また、お彼岸のお中日、23日(秋分の日)は読経と法話がありますので、こちらもぜひお越しください。


【お彼岸供養・法話会】
3月18日(日)(春分の日)
午前9:00~ <本堂>総供養・法話
午前10:30~ <下末霊苑>総供養
新亡(2年以内にお葬式をされた)の檀家さんはご参加をお願いします。また、宗派を問わず檀家さん以外でも参加して頂けます。


お彼岸もどうぞよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 21:08| 愛知 ☁| Comment(0) | お彼岸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

3月の一句②

IMG00243_2.jpg

3月後半の一句は「生きていてよかった」です。

毎日の生活の中で、自分の思い通りにいかないこと、他人に対して不満に思うことを考えると、「自分は、何のために生きているのだろう」と悩んでしまいます。

しかしながら、悪いことが続く人生であっても、こうして悩むことができるのも、今・この瞬間を「生きているから」に他ならないのです。

「生きているだけで丸もうけ」という言葉もありますが、「ただ生きているだけで良いんだよ」と他人から認められるだけでなく、自分が納得しなければなりません。

そして自分の命は自分自身のもののように思いがちですが、両親・先祖代々から授かった命であり、周囲の社会関係の中で支え合っている命です。

私たちは「生きている」と同時に「生かされている」のですから、今・この瞬間の命こそが尊いものなのです。


手前味噌ですが、私たちの命を賜った、ご先祖さまを供養するのが「お彼岸」の期間です。

ぜひ真福寺・お墓へお参りください。


~3月の行事予定~

【お彼岸期間】
3月18日~24日
本堂開放9:00~17:00
ご自由にご参拝ください。

【お彼岸供養・法話会】
3月21日(木・春分の日)
午前9:00~ <本堂>総供養・法話
午前10:30~ <下末霊苑>総供養

新亡(2年以内にお葬式をされた)の檀家さんはご参加をお願いします。また、宗派を問わず檀家さん以外でも参加して頂けます。


今月もよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 21:04| 愛知 ☀| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

【坐禅会】毎月の坐禅会を行いました

本日、毎月の坐禅会を行いました。

_20180508_110059.JPG

今回も初心者の方が来てくださいました。

「いつか挑戦したいと思っていた」という方で、インターネットで検索して真福寺に行き着いた方が多いようです。

地道にブログを続けているのも効果が現れているようで嬉しい限りです。

なかなか足を組んだ坐禅ができない方でも、真福寺では「イス坐禅」で取り組んでいただけます。

どんな事情のある方でも挑戦できるのが、開かれた坐禅会だと思いますので、少しでも興味のある方はぜひお越しください。


【次回の坐禅会】
4/14(日)午後3:00~5:00。
参加費不要。
申込不要、当日に本堂へお越しください。
ジーパンなどではなく、伸縮しやすいジャージなど足を組みやすい服装が良いです。

初心者、子どもさんでも大丈夫です。まずは挑戦してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 20:55| 愛知 ☔| Comment(0) | 坐禅会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

大型プリンターを寄贈していただきました

今日はとても暖かい日となり、桜が咲く時期と同じくらいの最高気温だったそうです。

さて、この度、地元の檀家さんから大型プリンターを寄贈していただきました。

IMG00181.jpg
<左側・・・寄贈された大型プリンター>
<右側・・・普通のコピー機>

普通のコピー機と並べてみると、かなりの大きさに驚きます。

なんとA1サイズ(59.4cm × 84.1cm)をプリントアウトやコピーできる印刷機なのです。

普通のコピー機の最大サイズがA3(29.7cm × 42cm)ですから、本当に大きいものです。

寄贈してくださった方は建築士の方です。もともと建築用の図面をプリントするために使っていたそうですが、必要なくなったそうで、お寺で役立てて欲しいということで寄贈していただきました。

お寺の行事で活用したり、掲示板に貼るポスターの制作など、できることがかなり広がりそうです。

また、檀家の皆さんや、真福寺に関係ある方で「ポスターを印刷したい」や「大きな図面をつくりたい」といった要望があればぜひご利用ください。

そして、「こんな活用法のアイデアがある」など、私もまだ不慣れですから、助言などもいただけたら幸いです。

こうした檀家さんからの寄進は本当に尊く、ありがたい限りです。檀家さんあっての真福寺ですから、期待に応えられるよう頑張っていきたいと思います。 合掌
posted by 住職 at 20:23| 愛知 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

【今月の予定】3月の一句①

IMG00173_2.jpg

3月前半の一句は「過ちて改めず、これ『過ち』なり」です。

「弘法にも筆の誤り」ということわざもあるように、仏様のようなどんなに偉大な人物でも、だれもが間違うことがあります。

しかしながら、その間違い(過ち)を改めないことこそが本当の間違いである、という一句です。

間違いを犯しても、恥じたり隠したりする必要はありません。

すぐにその間違いを認め、改めるように行動すること。すなわち、間違いの「事後処理」こそが行動の本質を問われているのです。

「失敗は成功のもと」ということわざもありますが、間違いの結果から学ぶこともあります。

また、もし、自分の間違いに気付かないとどうなるでしょうか?

意識しない限り、同じ過ちを繰り返すことでしょう。

間違いを指摘してくれる人という存在はとても大切なのです。注意されたとしても不快な気持ちに思わず、素直に注意を受け入れましょう。


~3月の行事予定~

【坐禅会】<毎月開催>
3月10日(日)
午後3:00~5:00
・参加費無料、申込不要です。
・当日は足を組みやすい服装でお越しください。
・初心者、経験者問わず、基本から丁寧に説明いたします。

【お彼岸期間】
3月18日~24日
本堂開放9:00~17:00
ご自由にご参拝ください。

【お彼岸供養・法話会】
3月21日(木・春分の日)
午前9:00~ <本堂>総供養・法話
午前10:30~ <下末霊苑>総供養

新亡(2年以内にお葬式をされた)の檀家さんはご参加をお願いします。また、宗派を問わず檀家さん以外でも参加して頂けます。


今月もよろしくお願いいたします。 合掌
posted by 住職 at 08:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 今月の一句、今月の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

茶道教室をやっています

最近、茶道教室についての問い合わせが多いので、少しご説明をさせていただきます。

_20171120_192801.JPG
<茶道教室は毎週月曜13:00~15:00>

「茶道教室」は外部から師範の先生をお呼びして、真福寺の茶室でお稽古をしています。

流派は「表千家」<おもてせんけ>です。

炉のある本格的な茶室で、季節に合わせて道具を変えながら、毎回新鮮な気持ちでお稽古をすることができます。

「薄茶」のお点前から、「濃茶」を練るお点前まで、茶道の「もてなす心」を学ぶことができます。


_20171127_191537.JPG
<体験講座は随時開催・要予約>

茶道教室ではハードルが高い・・・と思われる方には、まずは「体験講座」はいかがでしょうか。

茶道教室でも使用するお茶室で、基本的な作法を学びながら、お抹茶を飲むだけの講座です。

お抹茶を「点てる」<たてる>まではやりませんが、気楽に茶道に触れていただくことができます。

師範の先生が来られない曜日でも受け付けることができますので、ご都合の良い日にご予約ください。


詳しくは真福寺ホームページでも紹介していますので、ぜひご覧ください。
「真福寺ホームページ」へ移動
HPロゴ.png

また、体験予約・お問い合わせは、こちらからどうぞ。
体験予約フォーム
(Googleフォームに記入)

お問い合わせフォーム
(Googleフォームに記入)


ぜひ、真福寺で「茶道」に興味を持っていただければ幸いです。 合掌
posted by 住職 at 21:11| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

【写経会】写経会を行いました

本日、涅槃会<ねはんえ>供養に引き続いて、写経会を行いました。

_20171120_192821.JPG
(筆ペンでなぞる写経用紙です)

少人数の参加者でしたが、落ち着いた空間で、集中して取り組むことができたように思います。

また、坐禅会に参加してくださった方が、今回の写経会の方にも参加していただきました。

真福寺の行事を通じて、参加者の幅が広がっているようで、嬉しく思います。

写経も坐禅も、一度やっただけで心がガラリと変わるようなことはありません。大切な事は、期間が空いても良いですから、何回も継続して挑戦してもらうことです。

またのご参加をお待ちしています。もちろん、初参加の方もいつでも歓迎ですよ。


【次回の写経会】
4/21(日)午前9:30~11:00。
参加費無料ですが、写経用紙の販売100円~
道具持参可、筆ペン無料貸出。

写経用紙を買うだけで、ご自宅で取り組んでも構いません。
ご朱印300円~(写経用紙を納めると無料)、ご朱印帳をお持ちください。

より多くの方に写経・仏教に親しんでいただければ幸いです。ぜひ挑戦してみませんか。 合掌
posted by 住職 at 21:08| 愛知 ☀| Comment(0) | 写経会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涅槃会供養を厳修しました

2月15日は寺院にとってとても大切な日です。この日は「涅槃会」<ねはんえ>と言って、仏教の開祖であるお釈迦さまが入滅(亡くなる)されたご命日に当たるためです。

真福寺では本日、その涅槃会の供養として、「涅槃図」<ねはんず>(お釈迦さまがご臨終を迎える様子を表した絵)の掛け軸をお祀りして読経をいたしました。

P1020989.JPG
(真福寺の秘宝「涅槃図」)

この涅槃図ですが、なんと明和2年(1765年)のものと伝えられ、真福寺の中では最も古い掛け軸になります。大正5年(1916年)に修繕されているものの、貴重な掛け軸が今日まで受け継がれています。

そんな真福寺の秘宝である涅槃図は、2月のこの涅槃会の法要しか登場しないので、あまり人目に触れることはありません。

お釈迦さまは亡くなられて、現世の縁から離れることで「涅槃」(大いなるお悟り)に入られたのですが、仏教の教えでは決して死ぬことが目標ではありません。

大切な事は、人生を生きる上での苦しみ・辛さを乗り越え、安心できる生活を送ることです。

すなわち、死後の世界で安住することではなく、現世の中で豊かな人生を送ることが仏教の本質なのです。

涅槃会に続いて写経会も行いましたが、写経・坐禅などの修行も、人生をより良く生きるための知恵を学ぶ機会であります。

涅槃会で気持ちを新たにし、より多くの方に仏教を知っていただけるよう活動していきます。 合掌
posted by 住職 at 21:02| 愛知 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする